キャッシングの月々の最低返済額が低いトップ3の会社で借りる!

スポンサーリンク

cash094

キャッシングをする時に、とても重要になってくるのが返済計画。もし予定通りに返済をすることが出来ないと、信用情報にもマイナスとなり、後々にも悪影響が発生してしまいます。どれくらいの金額を毎月返済していくか、その金額の設定も重要です。今回は出来るだけ少しずつ、返済を行っていきたいという方向けに毎月の返済金額を低く設定している会社をご紹介いたします。

各キャッシング会社ごとの月々の最低返済額を比較してみた

各金融機関の最低返済額

消費者金融や銀行カードローンの各社により、毎月の最低金額は異なっています。まずは各社がどのような最低返済額を設定しているか、10万円借入をしたケースでご紹介いたします。

10万円借りた時の月の返済額

【キャッシング】

アコム 3,000円
ノーローン 3,000円
プロミス 4,000円
SMBCモビット 4,000円

【銀行カードローン】

三菱UFJ銀行 2,000円
楽天銀行 3,000円
オリックス銀行 7,000円
みずほ銀行 10,000円

この最低返済額は借り入れ金額により、変わってきて、大きい金額を借り入れするほど金額は増えていきます。消費者金融では10万円単位で返済金額も2,000円ずつアップしていく仕組みを採用している業者が多いです。

銀行カードローンにおいては、50万円を借り入れした場合1万円ほど、100万円を借り入れした場合2万円ほどの最低返済額を設定するケースが多いです。

もしアコムで借り入れを行ったら

例えばアコムを事例に考えてみましょう。もしもアコムで10万円を借りたとして、最低返済額であれば毎月3,000円を返済していく必要があります。利息も含めて全部で51回の返済を行うことで完済することができます。

では毎月の返済金額が6,000円のケース。全部で20回返済を行えば、返済総額118,930円で処理は終わります。

返済金額を少なめに設定すると、完済までにも時間がかかってしまい利息分の負担は増えてしまいます。それでもゆとりを持って、毎月返済していきたい方にはいいかもしれませんね。

キャッシングやカードローンの月々分の返済額を知るための計算方法

該当する消費者金融や銀行カードローンにより、>毎月の返済額を設定する方法はさまざまです。例えばプロミスにおいては、

月の返済額=借入残高×一定の割合(30万円以下の場合3.61%に設定、端数は切り上げ)

という形で計算が行われます。多くのケースでは借り入れ金額によって、基本的な返済額が設定されていきます。

返済額以外にキャッシング会社を選ぶ時に重要視すべきポイント

ここまでキャッシングをした時の返済額についてお伝えしてきましたが、もちろんそれ以外にも会社選びにはポイントがあります。

  1. 即日融資に対応
  2. 金利の無利息期間がある
  3. 24時間キャッシングができる

キャッシングをしたい時は、あまり時間がなく急いでいる時が多いものだと思います。そこで即日融資にも対応していて、24時間キャッシングをすることが可能な業者などを選ぶといいでしょう。

もし利息が気になるのであれば、30日間以内に返済をすれば無利息になる無利息サービスを提供している会社などもありますよ。ご自身の返済能力にあった業者選びをしてみてくださいね。

まとめ

消費者金融や銀行カードローンにより、最低返済額は異なってくることをお伝えしてきました。最低返済額では返済に時間がかかってしまうことが考えられますが、毎月の家計簿には優しくて魅力的ですよね。最低返済額もしっかりとお考えの上、借り入れを行いましょう。
スポンサーリンク

このページの先頭へ