キャッシングの遅延損害金に注意!損害金の計算方法と対処法。

スポンサーリンク

cash093

まとまったお金が必要になり、なんとかキャッシングを活用して凌ぐことができたら、つい安心してしまいますよね。でも借り入れの次に気をつけたいのがお支払い。もし支払いが期日までに行われず、遅れてしまうと遅延損害金が発生してしまいます。返済日は遅れれば、遅れるほど高くなってしまいます。今回は消費者金融や銀行カードローンで、発生する可能性がある遅延損害金についてお伝えいたします。

キャッシングの遅延損害金は1日延滞するごとに利息が高くなる、その計算方法

事前に遅延損害金の計算方法を把握しておこう!

キャッシングの返済が遅れてしまったら発生してしまう遅延損害金。どのように算出されるのでしょうか?あらかじめ計算方法を把握しておけば、返済が遅れてしまうケースで、追加でどのくらい支払う必要があるか、計算をすることが可能になります。

遅延損害金は当然ながら、遅れれば遅れてしまうほど、金額は加算されていきます。どんどん返済が厳しくなってくるので注意が必要です。

具体的な遅延損害金の計算方法

それでは具体的に遅延損害金の計算方法をご紹介いたします。

借入残高×遅延損害金利率÷365日×返済日からの延滞日数=遅延損害金

こちらが遅延損害金の計算方法。遅延損害金利率は各金融機関により異なってきますが、おおよそ20.0%前後です。では借り入れ残高200万円で、延滞日数20日のケースをご紹介いたします。

  • 借入残高:200万円
  • 遅延損害金利率:20.0%
  • 延滞日数:20日

これを遅延損害金の計算方法の方式に当てはめると

200万円(借入残高)×0.2%(利率)÷365×20(延滞日数)=22000円(遅延損害金)

例えば借り入れ残高200万円で、延滞日数20日のケースにおいて、遅延損害金は22,000円になります。延滞日数が長くなれば長くなるほど、それだけ遅延損害金は増加していき、損害から30日経てば33,000円50日経てば55,000円となります。出来るだけ遅延のないように、返済をしていきたいですね。

返済日のお知らせメール

金融機関により、返済日をお知らせしてくれる業者、そうでない業者と分かれてきます。返済日の3日前、当日にお知らせのメールをしてくれるのはアコム、プロミス、新生銀行カードローンなど。

しかし楽天銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローンでは、返済日のお知らせメールサービスは行われていません。

返済日がいつだったか、忙しい日常の中でつい忘れてしまうものだと思います。お知らせサービスなどがある業者を選ぶといいかもしれませんね。

消費者金融、銀行カードローン各社のキャッシング遅延損害金利率

遅延損害金において、その金額を決定する1つの要素が遅延損害金利率です。ここでは消費者金融や銀行カードローン各社が、どのような遅延損害金利率を設定しているかご紹介いたします。

  • プロミス:20.0%(実質年率)
  • アイフル:20.0%
  • 新生銀行カードローンレイク:20.0%
  • 楽天銀行カードローン:19.9%
  • 三菱UFJ銀行カードローン:通常金利と同じ

基本的にはどこの業者も20.0%前後に設定をしており、ここには大きな差がないことが分かりますね。国の利息制限法により定められているため、この遅延損害金利率は20.0%となっています。

しかし見ていると、三菱UFJ銀行カードローンだけ通常金利(4.6%~14.6%)と設定されていて、他社と比較すると低いのは利用者にとっては有り難いことですね。

返済が遅れそうな場合の対処法。融資先に返済日3日前までには電話で連絡!

できれば事前に遅れるご連絡を!

返済期日までにお金を返済することができない、ということが分かっている場合には出来るだけ早めに、借り入れをしている業者に連絡を入れておきましょう。

目安としては、返済日の3日前までに連絡をすることができれば、返済日を変更することも可能でしょう。

もちろん当初設定していた期日を守れなかった損害金は発生してしまいますが、事前に連絡を入れておくことが重要です。事前に連絡をしていれば、次の返済日の設定に融通をきかせる可能性も出てきます。特に以下の3つのことを伝えておくことが重要です。

  • 返済が遅れる理由(急な出費があったため)
  • 次回の収入の見込み(明後日は給料日です)
  • 日を改めた返済期日(●●日には返済します)

もし返済が遅れて、事前の連絡がないケースでは、自宅などに催促の電話がくる、郵便物が郵送されてくるなどの可能性があります。ご家族にキャッシングをしていることが発覚するリスクも出てくるので気をつけましょう。

信用情報にはどんな影響がある?

キャッシングやクレジットカードの返済が遅れてしまうと、信用情報に傷が残ってしまい、後々にも大きく影響がでてきます。しかしもし1週間程度の遅延遅延損害金であれば信用情報機関には何も情報は登録されません

返済されない期間が、1ヶ月・2ヶ月と延びてくると、その情報は信用情報機関に5年間は登録されてきます。後々のキャッシング審査において、不利になってしまいます。

支払いが遅れたとしても、1ヶ月程度であれば、そこまで深刻な問題にはならないはずです。当たり前の話ですが、1日でもはやくお金を返済することが出来れば、それに越したことはないですよ。

まとめ

つい忙しい日常で、返済日がいつだったか忘れてしまうこともあるかもしれません。消費者金融や銀行カードローンのいずれにしても、返済があまりに遅れてしまうと信用情報にもマイナス。今後のキャッシングにも影響が出てきてしまうので、返済は1日でもはやく行いましょう!
スポンサーリンク

このページの先頭へ