キャッシングの申し込み時の他社借入件数はどこまで申告するべきなのか

スポンサーリンク

キャッシングの申し込み時の他社借入件数はどこまで申告するべきなのか

キャッシングやクレジットカードの申し込みでは、あまりよく考えずに適当に情報を書いてしまうこともあるかもしれません。でも例えば、他の会社から借り入れがあったにもかかわらず、どこからも借り入れしていないような間違った情報を記入すると、信用情報機関との情報がかみ合わず、後で大変になってしまうことも。今回は借入件数の記入方法などについてお伝えしていきます。

キャッシングやカードローンの申込書にある他社借入件数という記入項目って何?

他社借入件数という記入項目

キャッシング、クレジットカード、ローンを申請する時には、申し込みの記入欄に必ず「他社借入件数」という項目を記入していく必要が出てきます。「他社借入件数」とは、申し込みをする段階で、何件の会社から借り入れをしているか、という情報を記入していきます。

今回キャッシングサービスを利用することが初めてという方にとっては、何のことかよく分からない情報かもしれませんね。消費者金融や銀行カードローンでは、全部でいくら借り入れをしているのか、という情報よりも何件借り入れをしているのか、という情報が大切になってきます。

あまりに複数の金融機関から借り入れがあると、審査で不利に

申込ブラック、という言葉を聞いたことはございますか?これは1ヶ月以内の短期間に、3社以上の金融機関にキャッシングの申し込みをした人に該当するものです。

複数の金融機関に申し込みをしなければならないほど、追い込まれているのかと考えられ、審査にも悪影響が出てきてしまいます。申込ブラック、というものが存在することも頭に入れておきましょう。

他社借入の現状について嘘の記載はNGしっかり申告しよう

既に他社から借り入れをしているにもかかわらず、虚偽の借入件数を記入してしまうと、その情報は信用情報機関との整合性がとれないため、借り入れは困難になってしまいます。

複数の金融機関から借り入れをしていたりすると、正確な数字も分からなくなっているかもしれませんが、自分が何件の借り入れをしているのか正確に把握した上で、審査に進みましょう。

今現在他社借入をしていて審査に不安のある方が新規申し込みをするコツ

先ほどもお伝えしたように、他社借り入れが既にある状況で、新しくキャッシングを申し込もうとすると、申込ブラックになる可能性もあり、審査に不安を感じる方も多いかもしれません。

既に3社から借り入れをしている方は、4社目の審査は通過することが難しくなってくるでしょう。

3社までなら審査も何とか通過できる可能性はあります。4社目になる方は、新しく借り入れ本数を増やすことよりも、本数をまとめるなりして、まずは借り入れ総額を減らすことを考えるべきでしょう。

まとめ

借り入れをするハードルの高さは、金融機関によっても差があります。借入件数は多くなってくると、返済もややこしくなるし、自分でも状況が把握できなくなってくるかもしれません。間違った記載や嘘の申告をしないように、申込を進めましょう。また、今現在何社も他社借入をしている方はおまとめするなどして対策しましょう。
スポンサーリンク

このページの先頭へ