キャッシングの申し込み後に審査を通過、けどキャンセルしたい場合は…?

スポンサーリンク

キャッシングの申し込み後に審査を通過、けどキャンセルしたい場合は…?

何かのきっかけで、まとまったお金が必要になってしまい、消費者金融や銀行カードローンでキャッシングの申し込みをする機会は、誰でもあるかもしれません。でも申し込みをしてから、お金を借り入れする必要性がなくなってしまい、申し込みをキャンセルしたい!という事もありえます。実際に申し込みをした後に、また立ち止まって考えてキャンセルをする方もたくさんいます。今回はキャッシングをキャンセルする方法、キャンセルするとどんなことが起きるのか、ご紹介していきます。

カードローンの申込後にキャンセルすることはできるの?

カードローンの申し込みをして、審査まで進んでからのキャンセル、このキャンセルは可能なので覚えておきましょう。申し込みをした会社に対して、キャンセルの申し出の連絡を入れて、キャンセルをしたい旨、キャンセルをする事情など伝えておきましょう。後は担当の方が、キャンセルの手続きを進めてくれます。

連絡を入れなければ、キャッシング会社は何も分からないですし、もしキャンセルをした気になっていて、実際には何も手続きが行われていないと顧客情報にマイナスになるかもしれません。キャンセルの連絡の確認は、きっちりと行いましょう。

申込み後にキャンセルした場合どうなるの?

キャンセルをしても履歴が残るくらい

キャンセルの連絡を入れると、契約の解除手続きが行われて、該当する業者のシステム上で申し込み履歴に、何かしらのコメントが残されます。

キャンセルをしたという事実も、1つの大切なデータになっていくためです。キャンセルをしたからといって、職場への在籍確認が行われることはありませんし、自宅へ電話がかかってくることもありません。

法外な違約金を請求してくるのは、闇金業者

基本的にはキャンセル料や違約金については、該当会社の情報を事前にチェックしておくことが大切です。法外なキャンセル料や違約金を請求してくる業者もありますが、これは闇金業者です。一般的な大手消費者金融や銀行カードローンであれば、問題はないのでご安心ください。

再度申込の場合、履歴に情報が残っているので審査に影響が出る場合もある

ではキャンセルをしてから、再度申し込みをするケースでは審査にどのような影響が出てくるのでしょうか?申し込み履歴には、申し込み後のキャンセル情報が残されていますので、審査を通過していながら何故キャンセルをしているのか?当然ながら疑問を持たれてしまいます。

システム上には、この時のキャンセル情報のコメントも残されているので、審査で参照されるでしょう。業者側としては、審査まで行いながらキャンセルをされてしまっては、手間もかかるしキャンセルばかりする顧客とはお付き合いしたくないもの。申し込み後のキャンセルは出来るだけ控えるようにしてくださいね。

何度も多くの会社でキャンセルすると印象が良くないのでやめよう

個人情報信用機関を甘くみてはいけない

最近増えてきているケースが、WEB上のキャンペーンや入会キャンペーン目的で、申し込みを行い、すぐに解約をする人。こうした短期でのキャンセル情報は、業者だけではなく個人情報信用機関にも情報共有されます。

あまりに短期で申し込みを繰り返すと、個人情報信用機関の履歴にも傷が残ります。そうなってくると審査をすること自体、難しくなってくるのでご注意ください。

申込ブラックとは?

1ヶ月以内などの同時期に、3社以上の会社へ審査の申し込みを行うと、申し込みブラックの扱いを受ける可能性が発生します。これは本審査が対象となり、仮審査は対象となりません。

申し込みブラックだと認識されてしまうと、一定の期間中は審査に通過することが難しくなってしまいます。申し込みブラックとなった情報は、半年間残るため、この半年間はキャッシングをすることが困難になります。

あまりに短期間に申し込みを何度も行う、ということは財政的に問題がある人なのではないか?と疑問を持たれてしまうのです。審査後のキャンセルを1回するくらいなら問題ないですが、短期間に複数の金融機関に申し込みをするのは避けるようにしましょう。

ネガティブな情報は審査に通らなく可能性があるので無くそう

絶対にキャンセルの連絡は入れましょう

申し込み後にキャンセルをしただけでは、個人信用情報にはマイナスの履歴は残されません。しかし該当業者の顧客情報データには、情報は残されてしまいます。今後審査を行う時に不利になってしまうことも考えられますので、お気を付けください。

超短期で退会するのも控えましょう

超短期退会というキーワードがあり、キャンセルはしないけども、審査完了しカード発行後に解約したケースのことを指します。

契約日から解約日まで契約期間がかなり短いため、特殊な事情がある人なのではないか?という疑いが生じてしまいます。クレジットカードの審査にまで悪影響が出てくることが考えられるので、ご注意ください。

まとめ

キャッシングのキャンセルは、どうしてもキャンセルをしないといけない場合を除いては、出来るだけ避けるようにしましょう。個人情報信用機関への影響があるわけではないですが、業者にとっては迷惑なことで、気持ちのいいことではありません。キャッシングをする時は、よくご検討してから申し込みを行いましょう。
スポンサーリンク

このページの先頭へ