カードローンには契約期間がある|更新できなくなる場合も

スポンサーリンク

カードローンには契約期間がある|更新できなくなる場合も

キャッシングサービスには、目安となる契約期間があり、その時の返済状況などにより契約更新の有無が決まります。実際にキャッシングをしていて、更新時期が近づいてきたとしても、何をすればいいか分からないと感じる人も多いのではないでしょうか。今回は契約更新がどのような時に行われるか、契約更新が出来ないとどのようになるのか、お伝えいたします。

カードローンの目安となる契約期間が過ぎても完済が終わらない場合

カードローンを契約する時は、業種により目安となる契約期間があります。銀行は1年、1部クレジットカードは3年、消費者金融は5年がおおよその目安となります。

この期限がくるタイミングで、借り入れ残高、利子を返済できていないのであれば、自動的に更新が行われます。

更新手続きは特に必要ない

返済が終わっておらず、契約が更新されるときは、更新の手続きは特に必要ありません。しかし延滞をしていて、返済が遅れている場合はこのタイミングでも、信用履歴に傷が残ります。自動延長するときは、手続きの必要がないため、気は楽だと思いますが滞納には注意してくださいね。

契約更新が出来ないケースは返済能力が無い場合

何度も滞納を繰り返していると、契約ストップ!?

消費者金融や銀行カードローン会社では、貸し出しをしたお金の金利により、事業運営が行われています。当然ながら、期日までに返済が行われないと事業は成り立ちません。

そこで契約更新がストップされるケースとして、約定返済日を過ぎる返済が多すぎる人、返済義務を放棄した人、こうした事例が挙げられます。返済能力がない人にお金を貸せないことは、当たり前といえば当たり前ですよね。

借入件数が複数の場合

契約更新をする際にも、審査は行われます。返済金額の有無だけではなく、どのくらいの借り入れをしているか、他の金融機関からも借り入れをしていないか、など審査が行われます。個人情報信用機関により、信用情報は共有されているため、そこで「他社借入件数」がチェックされます。

1ヶ月以内に3社以上の金融機関に申し込みをしていると、財政状況が良くない人物と見なされて、申込ブラックとなっている可能性もあります。多重債務者になりかねないと認識されてしまうので、契約更新が見送られることも。借入件数にはご注意ください。

契約更新が出来ないと新規契約ができない

新規契約ができず、返済だけ求められる

もし万が一、契約更新ができなかったときは、新規での契約・借り入れをすることが困難になります。契約が解約されてしまいますが、返済残高はもちろん返していかなければなりません。

契約更新時に行われる審査で、滞納されていたり、他社借入件数が多かったりすると、解約される可能性、利用限度額を下げられるなどのリスクが発生します。

返済義務の放棄は強制解除になるのでやめよう

借り入れをしたお金は、当然全て返済をしなければなりません。もし返済ができない状況になってしまい、滞納期間が長くなれば、更新期間前に強制的に解約手続きが行われます。個人情報信用機関にも、汚点が残ってしまい、今後のキャッシングもかなり不利になってしまいます。

返済の出来ないようなキャッシングはしないこと、もしキャッシングをしたら返済日に返済できるよう、仕事を多めにすることも大切です。

まとめ

毎月問題なく返済をしている人にとって、契約更新は問題ない話ですが、場合によっては契約更新が出来ないこともあります。自身の契約更新のタイミングをしっかりと覚えておいて、契約更新を無事乗り切れるように準備しておきましょう。
スポンサーリンク

このページの先頭へ