家賃の滞納がある場合は、キャッシングやクレジットカードの審査に影響する?

スポンサーリンク

家賃の滞納がある場合は、キャッシングやクレジットカードの審査に影響する?

キャッシングの審査では、今までのどのような履歴が問われるのか、いざ審査をする時は心配になりますよね。家賃を滞納していた経験がある方は、その滞納がどのように影響してくるか、気になると思います。生活がギリギリでキャッシングを検討している方などは、家賃の滞納がどのように影響してくるのか?気になるかもしれませんね。今回は家賃の滞納がキャッシング審査にどのような影響を与えるのか、お伝えしていきます。

家賃を滞納している場合キャッシング審査に影響があるのか

家賃の滞納は審査に影響しない!

不動産会社と金融機関では、個人信用情報を共有することができないため、家賃の滞納はキャッシング審査に影響しません。家賃を滞納している経験がある方は安心してくださいね。

業種が違うから審査への影響がない、とは言っても家賃の滞納が審査に影響を与えるケースがあることも事実。キャッシング審査に影響してくるのは賃貸住宅、賃貸物件で入居する際に、家賃保証会社を使ったケースで該当します。家賃保証会社とは、どのような会社かご存じでしょうか?

家賃保証会社が必要な理由について

これまで賃貸物件などに入居するためには、連帯保証人が必要になり、親に連帯保証人になってもらい入居の契約まで進める人がたくさんいました。しかし核家族化が進み、人によっては親族に保証人になってもらうことが難しい人も増えてきました。

こうした背景があり、第三者が手数料を得る代わりに、連帯保証契約をする家賃保証会社が誕生しました。ほかにも賃貸保証会社、賃料保証会社と呼ばれることがあります。

連帯保証人はなぜ必要なの?

そもそも賃貸の契約をするために、なぜ連帯保証人が必要になるのでしょうか?これはもし入居者が家賃滞納分を納めることなく、契約放棄してしまった場合に滞納額を立て替えて支払ってもらうためです。

賃主にとっては、もし入居者が何かしらの理由で、支払いがストップしてしまった時の保険になります。お互いに家賃滞納のトラブルを避けることに繋がるのが、連帯保証人制度のメリットです。もちろん連帯保証人になる人にとっては、リスクを抱える側面は出てきます。

家賃保証会社を利用して滞納している場合の影響について

もし連帯保証人になってくれる人がいて、賃貸契約を結んでいるのであれば、キャッシング審査への影響はございません。キャッシング審査への影響が出てくるのは、家賃保証会社を利用しているケースで、家賃の滞納をしてしまっている場合です。

家賃保証会社と契約中に、滞納が発生してしまうと、キャッシング審査だけではなく、クレジットカード審査、その他ローン審査へも悪影響が出てきてしまいます。

ではその場合なぜ影響があるのか

家賃保証会社を利用すると滞納に影響が出てしまう

家賃保証会社を利用していて滞納があると、キャッシング審査に影響が出てくるのはなぜでしょうか?これは家賃保証会社が利用している個人信用情報が、金融業者と同じのためです。

単身の入居者が増えていく中で、こうした利用者は保証人を見つけることが難しい現実があります。そこで家賃保証会社と契約することで、無事入居をすることが可能になってきます。しかし家賃保証会社は信販系の会社になり、これらの会社は金融機関と同様に信用情報機関を活用します。

家賃保証会社と契約をすることは便利ですが、滞納したときに、個人信用情報に傷が残るリスクも発生してしまいます。滞納は信用情報機関に記録されてしまうことを認識しておきましょう。

家賃保証会社の立て替え分を滞納しても影響がでてしまう

もし入居者が家賃を滞納してしまったとき、この滞納分は家賃保証会社が代わりに支払ってくれます。しかしこの家賃保証会社が支払ったお金は、結局は入居者が支払わなければならないお金。

もしこの立て替え分のお金を期日までに支払うことが出来ず、滞納してしまうと、この情報も信用情報機関に登録されてしまいます。やはり信用履歴に傷ができてしまい、その後のキャッシング審査など不利な状況になりますのでご注意を。

家賃保証会社の選別もすべし!

家賃保証会社は、中立的な組織のイメージを持つかもしれませんが、実は法律などで規制が行われていないため、会社はしっかりと選別する必要があります。

滞納者に対して、法外な延滞料金を請求するケースもあり、事前に契約内容などよく確認をすることは大切です。

まとめ

もし家賃保証会社と契約をしていて、家賃を滞納した場合に、個人信用情報に傷が残ってしまうことをお伝えしてきました。連帯保証人を見つけることが難しいときは、家賃保証会社を使うこともあると思いますが、こうした時の滞納は信用履歴にも影響することを覚えておいてくださいね。
スポンサーリンク

このページの先頭へ