キャッシングの過払い金請求│どんな場合が利息を払い過ぎ?

スポンサーリンク

キャッシングの過払い金請求│どんな場合が利息を払い過ぎ?

キャッシングの審査をのりこえて、その次に問題になるのが借り入れしたお金の返済。キャッシングの金利がどのような仕組みになっているかは、把握されていますか?ちゃんと金利のことを理解していなかったら、知らない間に利息を支払いすぎている可能性もあります。この支払い過ぎてしまった利息を返還してもらうための方法は、自分で請求までの手続きをおこなうか、弁護士に相談するか、という2つの選択肢に分かれます。利息を支払いすぎている人には、どのようなケースがあり、どのような請求方法があるのかご紹介いたします。

キャッシングの利息を上限金利より払い過ぎている人

法律で規制された以上の利息を払っていると払い過ぎ

消費者金融では貸金業法により、金利の上限や下限が決まっています。2010年に法改正が行われており、この法改正前にグレーゾーン金利というものが存在していました。

利息制限法が定める金利は15.0~20.0%という今と変わらないですが、出資法においては「罰則」を受ける金利の上限が29.2%と設定されていました。

グレーゾーン金利を知っていますか?

利息制限法と出資法の間の20.0%~29.2%の金利がグレーゾーン金利と言われています。法律違反にはなるけど、誰からも罰則されないため、このグレーゾーン金利を横行する業者が増えていました。

この問題を解決するために、2010年に出資法が改正され、上限金利が20.0%まで引き下げられました。さらに利息上限法をこえた金利を設定する業者にも、行政処分が下されることが明確になり、2010年にキャッシングの上限金利は20.0%に統一されました。

この貸金業法の法改正が行われる前に借り入れをしたのであれば、グレーゾーン金利が適用されている可能性があります。

払い過ぎた利息は過払い請求することができる

個人でも払い過ぎた利息を過払い請求することは可能

もしグレーゾーンを支払っていたことを発見したのであれば、過払い分の請求は個人でもすることができます。「過払い請求」と呼ばれており、この請求をするためには必要書類が何点かあります。

1点目が取り引き履歴、2点目が引き直し計算書、3点目が過払い金返還請求書、これら3点が必要書類です。そして返還請求の流れは次の通りです。

  1. 取引履歴の取得
  2. 取引履歴を確認し過払い金を計算
  3. 該当する金融会社に過払い金請求
  4. 和解交渉
  5. 裁判所に過払い金返還請求訴訟提起
  6. 裁判、過払い金返還金額の和解交渉
  7. 過払い金の返還

個人でやるのが心配なら弁護士に相談して請求しよう

過払い請求は個人でも、手続きを進めていくことも可能ですが、複雑なプロセスを自分でこなさなければなりません。もし可能であれば、法律の専門家である弁護士に和解交渉をしてもらうことをお勧めします。

この和解交渉は、素人では上手く進めていくことができるか分からず、精神的にも弁護士に依頼してしまった方が楽になれるでしょう。

過払い金請求をするとき注意すべきこととは?

信用情報に影響がある場合も

この過払い請求は、もともと多く支払っているものを請求するため、信用履歴への影響はないと思う方が多いかもしれません。しかし申請するタイミングによっては信用履歴に傷が残ってしまいます。

もし借金がある段階で、過払い請求をしてしまい、返還されたお金を使い任意整理すると、信用履歴に事故情報の記録が残ってしまいます。借金中の過払い請求には気をつけましょう。

過払い金請求には10年間の時効がある

過払い請求には10年間という時効があります。2010年以前の借り入れにおいて、過払い請求が見つかったのであれば、はやめに請求を行いましょう。

キャッシング会社の提案は簡単に受け入れない

過払い金請求をすると問題になることは、消費者金融が過払い金をそのまま返還してくれない点です。消費者金融はいかに、過払い金を支払わないか、という点を重視して交渉にのぞみます。

例えば「現在の借り入れを全てチャラにします。」「半額を返還します。」などの提案をしてくるケースがあるようです。全額返還は出来るはずですから、粘り強く交渉を進めましょう。

弁護士を選ぶ際は慎重に

弁護士の中にもそれぞれ、得意分野の領域は異なります。もし過払い金請求の関係で弁護士を利用したいのであれば、金銭関係のトラブルに強い弁護士を探すようにするなど工夫をしましょう。

どのような弁護士にお仕事を依頼するか?という点で、仕事がスムーズに進むかどうか決まります。また過払い金が全て返ってきたとしても、弁護士にかかる費用がそれを上回ってしまっては、元も子もありません。

過払い金がいくらであり、それを回収するための弁護士代はいくらになるか?ちゃんと採算が合うかどうか確認してから、弁護士の申込を行いましょう。インターネットを活用すれば、過払い金請求を得意としている弁護士もたくさん見つけることができるでしょう。

まとめ

もしも貸金業法が改正される2010年以前に、借り入れをしているのであれば、グレーゾーン金利の中で借り入れをしている可能性もあります。個人でもグレーゾーン金利で借り入れをしていないかどうか確認することができ、さらに過払い請求まで進めることができます。しかし労力がかかる過払い請求は、弁護士に依頼した方が無難かもしれませんね。
スポンサーリンク

このページの先頭へ