奨学金を借りている場合はキャッシングの審査に影響あるの?

スポンサーリンク

cash064

高い学費を支払うために高校・大学時代に奨学金を活用して、今に至る社会人の方も多いのではないでしょうか。キャッシングをする時に学生時代に組んだ奨学金のローンがどのように影響するのか気になる方も多いかと思います。今回は奨学金とキャッシングの関係性などをお伝えいたします。

奨学金を借りてる状態だとキャッシングの審査に影響するの?

奨学金はキャッシングに影響しない

学生時代に借りた奨学金のローンがまだ残っていて、キャッシングの審査で不利になるのではないかと心配される方も多いのではないでしょうか。果たして奨学金とキャッシングは審査に関係性はあるのでしょうか?

一般的には奨学金はキャッシングの審査には影響ないのでご安心ください。消費者金融や銀行カードローンからキャッシングをする時は、必ずその履歴は信用情報機関に登録されます。

これはキャッシングの申込みの段階で登録され、どのくらいの金額を、いつ借り入れして、いつ支払いを行ったか、などの情報が記録されています。

奨学金はこの信用情報機関に登録される情報ではありませんので、キャッシングの審査には影響がありません。返済が滞りなくしっかりと行われていれば大丈夫です。

しかし奨学金に似ているローンで、金融機関から父母が借りることができる「教育ローン」や学生が借り入れすることができる「学生ローン」などは、信用情報機関に使用履歴が残ります。はき違えないように注意しましょう。

信用情報機関ってなに?

信用情報機関はこれまでのキャッシングやクレジット-カードの利用履歴を把握しています。

この信用情報機関からキャッシングの返済が遅れるなどしてマイナスの評価を下されると、次の金融機関での審査にもマイナスの影響が出てきてしまいます。

奨学金は総量規制の対象外なので、借入希望額で審査に落ちない

しかし奨学金が審査には影響がない、といっても既に多額の借り入れをしていて総量規制に引っかかるのではないか、と心配される方もいるかもしれません。

この点も実は問題がなく、奨学金は総量規制の範囲外の仕組みです。総量規制は貸金業法に定められた法律のため、奨学金は当てはまりません

年収の1/3以上を借り入れすることを禁止する法律で、1回に大きな金額を借り入れしすぎることをなくし、自己破産などを未然に防ぐことが目的です。

奨学金のローンは、総量規制には含まれませんのでご安心ください。

奨学金の返済滞納をしているとキャッシング審査で不利になるので注意

奨学金で1つ注意したい点

奨学金は信用情報機関とも異なる範疇で、キャッシング審査にも影響がないと記載しましたが注意点もあります。

奨学金の返済滞納については注意が必要で、返済滞納が続いているようであると、利用している奨学金ローンによっては個人情報信用機関に滞納情報が登録されるリスクがあります

1度個人情報信用機関からの評価がマイナスになると、これからキャッシングをしたい時など、非常に不利になってしまいます。

奨学金といっても、1つの借金の制度です。借金を返済できていない、ということになりますので、当然ながらキャッシング会社としても返済能力に疑問を感じてしまうでしょう。

学生は審査が厳しめになる

また学生という立場でキャッシングをしたい、というケースもあるかもしれませんが未成年のキャッシングは原則として禁止されています。

学生ローンなどであればキャッシング可能かもしれませんが、親権者の同意が必要になるなど条件も出てきますので特徴をおさえておきましょう。

まとめ

奨学金とキャッシングは審査には、基本的に大きな関係性はありません。奨学金で借金があるから、キャッシングの審査に落ちる!ということはありませんのでその点は安心して利用してください。しかし当然ながら滞納履歴が出てきてしまうと、信用履歴に傷がついてしまい審査にマイナスの影響が出てしまいます。奨学金といえども借金です。返済はしっかりと行うことが大切です。
スポンサーリンク

このページの先頭へ