信用金庫のカードローン審査と消費者金融での借入の審査基準を比較

スポンサーリンク

cash059

キャッシングをする時の金融機関といえば、消費者金融や銀行カードローンを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、信用金庫のカードローンも1つの選択肢です。当然ながら年収や勤続年数や家庭構成などの要因により、審査は行われて決して簡単に通過できるものではありません。今回は信用金庫・銀行カードローン・消費者金融の3つの金融機関を比較してみたいと思います。

信用金庫のカードローン審査は銀行カードローン・消費者金融と比べて厳しめ?

信用金庫より消費者金融?

信用金庫のカードローンの審査の厳しさはどのレベルなのでしょうか?消費者金融や銀行カードローンと比較して、厳しいのでしょうか?

それぞれ個人の状況により、審査の厳しさは変わってきますが、一般的には、銀行カードローン>信用金庫>消費者金融、という形になっています。

銀行カードローンが最も厳しく、次に信用金庫、最後に利用すべきなのが消費者金融と言われています。もしも信用金庫の審査に通るのか不安を感じるようであれば、評判が良い消費者金融を選択しましょう。

信用金庫のデメリットとして、信用金庫があるエリア内でなければ使うことができない、という点があります。もしも引っ越しなどをすると、利用できなくなってしまう可能性があります。

まとまったお金を借りづらい

信用金庫のキャッシングの特徴として、借り入れ上限額があまり高くないということが挙げられます。

上限額を100万円前後に設定している場合が多く、限度額を500万円以上に設定している銀行カードローンほどまとまったお金を借り入れすることは出来ません。

利便性・借入限度額を考慮すると、消費者金融や銀行カードローンの方にメリットがあります。

大手信用金庫のキャッシングを利用する場合の審査条件一覧

では具体的な大手信用金庫の審査条件はどのようになっているのかお伝えします。

主に4つの条件が挙げられます。

  • 安定継続した収入のある方。(パート、アルバイトでも申込み可能)
  • 年齢が満20歳以上65歳未満であり、公的健康保険に加入している方
  • 信金保証基金の保証を得られる方
  • 信用金庫の借入可能地域にいる方

信用金庫でキャッシングをするためには、土地的な制限が出てくるため借入保証が必要になるなどの手間が発生してしまいます。

条件や制限が出てきてしまうので信用金庫よりも、消費者金融や銀行カードローンでキャッシングをする方が審査にかかる手間は省けるでしょう。

さらに信用金庫のカードローンの審査に落ちてしまった場合には、信用情報機関に審査に落ちた履歴が残ってしまいます。

無理に信用金庫のキャッシングを利用するなら、消費者金融などを利用した方がいいかもしれませんね。

信用金庫・銀行カードローン・消費者金融の審査基準を比較

3つの審査基準で比べてみよう

信用金庫カードローン・銀行カードローン・消費者金融における一般的な違いを3つの審査基準でご紹介いたします。

条件 信用金庫 銀行 消費者金融
限度額 平均100万円 最大1,000万円 最大500万円
保証・担保 必要 不要 不要
おすすめ度

信用金庫は審査において、担保や保証の準備を行う手間が発生することや、借り入れ可能な地域が限定されるため利便性も低いです。借入額に応じて銀行カードローンや消費者金融を活用しましょう。

総量規制の法律とは?

気をつけておきたい点として、消費者金融でキャッシングを行う時は、貸金業法の総量規制が適用されます。これにより年収の1/3以上の金額の借入を行うことは出来なくなりました

信用情報機関に登録された情報により、あなたがどれくらいの年収があり、どれくらいの借入をしているか、など把握されていますので、この上限以上の借り入れは厳しいです。

信用金庫のカードローンよりも銀行のカードローン・消費者金融の方がおすすめ

信用金庫のカードローンよりも借入額や審査において利便性の高いオススメのサービスを紹介いたします。

ここではみずほ銀行カードローンをご紹介します。みずほ銀行カードローンは最大でも14.0%という金利が魅力です。安心して利用できることができ、この金利額は信用金庫と同じくらいです。

  • みずほ銀行カードローン エグゼクティブプラン・・・金利 年3.0%-7.0%
  • みずほ銀行カードローン コンフォートプラン・・・金利 年 4.0%-14.0%

借入限度額が最大1,000万円、低金利で利用できるみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、消費者金融で借りることに抵抗のある方などにはオススメです。

銀行カードローンの中でも最も高い借入限度額を設定しており、それでいて金利も安心して利用できるレベルにまでおさえることを実現しています。

金利の低さや借入限度額に加えて、コンビニATMでもキャッシングを利用できる利便性の高さも魅力の1つです。

コンビニATMであれば、どこでもあるような世の中ですので、借り入れ返済も気軽に行うことが可能です。

みずほダイレクトに登録していると更にメリットがあり、みずほ銀行の通帳を持っていると200万円までの借り入れであれば、書類提出を求められません

まとめ

信用金庫のキャッシングサービスを利用することも1つのキャッシングの手段ですが、利便性などは消費者金融や銀行カードローンの方が高いです。どこの金融機関から借り入れをするか迷った時は、みずほ銀行カードローンを検討してみてください。
スポンサーリンク

このページの先頭へ