キャッシングの審査基準まとめ|審査を通過するために知っておくべきこと

スポンサーリンク

cash048

お金が必要なときに目的を問わずすぐに借りられる、消費者金融系ローンや銀行カードローンなどのキャッシングはとても頼りになる存在ですね。

ローン申込機など、いざというときに手軽に借りられるのも嬉しいポイントです。

でも、融資を受けるにはキャッシング審査に通らなければなりません。

「審査に受かる自信がない」、「審査に落ちるのが恐いからカード申込ができない!」といった、不安の声をたくさん耳にします。

そこで、皆さんが一番気になっている、審査に通るかどうか?ということについて、さらに多くの金融機関で行われている実際の審査の基準、スコアリングシステムと呼ばれる審査システムについて詳しくご紹介します。

キャッシング審査って具体的にはどんなことをするの?

そもそも、キャッシング審査や増額申込みの審査ってどんなことを調べているのでしょうか?

キャッシング審査はとてもスピーディに行われるので、最短で30分から1時間、最短即日で審査結果が届くケースが多いようですが、長い場合は1週間近くかかることも。

ハラハラしながら審査結果を待つ時間は、なかなか辛いものがあります。

キャッシング審査では、基本的にはキャッシング申込み時に申告した内容と提出した書類をもとに、属性情報(氏名、住所、電話番号、勤務先、年収など)を確認します。

その後、電話連絡での勤務先への在籍確認、場合によっては自宅への本人確認、信用情報(日本信用情報機構)への信用情報の問い合わせを行います。

このような審査を行う目的は一体どこにあるのでしょうか?

それは、キャッシングの申込みをした人が、確実に返済を行うことができるかどうかを確認するためです。

よく考えると、 申し込んだその日のうちに、初めて会ったばかりの人に大金を貸すのはリスクだとは思いませんか?

それを可能にしているのが、厳密なキャッシング審査なのです。

キャッシング審査とは、「貸してもらったお金をこれからきちんと毎月返済できます」ということを証明すること。

そう考えると、少し気持ちが楽になりませんか?

毎月安定した収入があって、最後まで返済を終わらせる自信がある方なら、安心してキャッシング審査を受けることができます

あなたが利用するべきなのはどっち?消費者金融と銀行カードローン

お金を借りる場所といえば、真っ先に思い浮かべるのは消費者金融などの金融機関ですが、大手都市銀行や地方銀行の多くもカードローンのサービスを行っています。

いずれもATM返済やインターネット返済が可能ですから、返済時の手続きもとても簡単です。

消費者金融と銀行カードローン、借りるならどちらがお得なのでしょう?

どちらを利用するべきなのでしょうか?

消費者金融と銀行カードローンの大きな違い

銀行というと大きな額の融資を受けるというイメージがありますが、銀行は個人向けの少額で手軽な融資も行っています。

融資の内容、申込み方法といったサービス内容は、消費者金融のキャッシングとほとんど変わりません。

消費者金融と銀行カードローンの大きな違いは、それぞれ守らなければならない法律が違うという点にあります。

銀行は「銀行法」という法律の元で事業を行いますが、銀行ではない消費者金融は「貸金業法」という法律に沿って事業を行います。

この2つの法律の違いが、消費者金融と銀行カードローンの違いになっています。

具体的には、「貸金業法」の中の「総量規制」というルールにより、消費者金融は最大でも年収の3分の1までの額しか融資を行うことができません。

従って、消費者金融は収入のない専業主婦にはお金を貸すことができません

「銀行法」は総量規制対象外なので、銀行カードローンでは専業主婦でもお金を借りることができるのです。

また、銀行カードローンは利息が低めであると同時に、審査規準が厳しく、審査に時間がかかる傾向があります。

消費者金融はその反対で、利息が高めで審査規準が緩い傾向があるようです。

消費者金融と銀行カードローン、選ぶならどっち?

では、消費者金融と銀行カードローンの一体どちらを選ぶべきなのでしょうか?

それぞれ一長一短があり明確な判断を下すのはとても難しいのですが、利用者の条件によって、おおよそ下記のようになります。ケース別に紹介します。

消費者金融がおすすめなケース

  • とにかく早く借りたい
  • 審査に受かるかとても不安
  • 他社ローンでの借入がある

銀行カードローンがおすすめなケース

  • 利息が安いところで借りたい
  • 収入のない専業主婦だけど借りたい
  • 年収の3分の1よりも多く借りたい
  • 信頼のある大手の会社で借りたい

消費者金融と銀行カードローンのメリット&デメリット一覧

消費者金融 銀行系カードローン
審査のスピード 早い 遅い場合がある
利息 高い 低い
利用限度額 低め 高い
利用限度額の規制 年収の3分の1まで なし
審査の厳しさ 比較的緩い 厳しい
専業主婦の利用 不可が多い 可能

金融会社を比較して自分にあった会社を見つけよう

審査規準は、ローン会社ごとに様々です。

ここの会社がベスト!という判断はなかなか難しいのですが、キャッシング会社の比較サイトなどで会社の特徴を調べて、自分にあった会社を見つけるのもひとつの方法です。

希望借入額の一括返済金額が準備できるなら、一定期間無利息サービスがあるものを選ぶと良いかもしれません。

借入があるんだけど大丈夫?」「パートでも借りられる?」「借り入れはいくら可能?」「希望額が借りられる?」「年金滞納者にも可能性はある?」「バレずに借りられる会社を知りたい」といったピンポイントの質問にも答えてくれます。

また、キャッシング会社のランキングで人気の会社をチェックしてみるのもおすすめです。

最短30分の審査を可能にするスコアリングシステムとは?

それではキャッシング審査の具体的な内容について、詳しくご説明していきたいと思います。

消費者金融業者や銀行カードローン会社でキャッシングを申込むと、最短30分、最短1時間といった短時間でキャッシングの審査結果が出されますね。

これって、実はとても凄いシステムだって意識したことはありますか?

例えば、住宅ローンや自動車ローン、銀行の融資を利用する場合には審査にかなり時間がかかります。

少なくとも、1日で審査が終わるなんていうことはあり得ませんよね。

キャッシングの審査は、どうしてこれほど短時間で審査を終えることが可能なのでしょうか。

その秘密は、消費者金融などが取り入れているスコアリングシステムにあります。

利用者の属性情報をポイント化して管理する独自のシステム

スコアリングシステムとは、審査を行うために必要な属性情報の各項目に点数をつけ、情報を数値(ポイント)化して判断するシステム。

銀行系消費者金融会社や銀行カードローンなど、消費者金融業界の多くで利用されています。

例えば、年収が500万円以上の場合、400万円以上の場合など、正社員、派遣社員、アルバイト、パートの場合といったように、対象者の条件に応じてポイントが加算され、トータルの点数で返済能力があるかどうかを判断します。

単純に点数で判断できるので、素早い審査が可能になっているのです。

スコアリングシステムで判断される項目はこれ!

実際に使われているスコアリングシステムの項目や判断基準はカードローン会社別で、残念ながら具体的な情報は公開されていません。

ですが、キャッシングの審査に必要とされる属性情報・カテゴリ情報から、消費者金融各社での審査規準とされているのではないかと想定される項目についてご紹介します。

これらの項目の数値を少しでも上げていくことによって、審査に通る可能性がぐっと高くなります。

スコアリングシステムでチェックされる項目

審査規準 (有利 ⇔ 不利) 重要度
年収 高い、安定している 低い、不定期、ばらつきがある
雇用形態 正社員、公務員 派遣、契約、パート、アルバイト
勤続年数 長い 短い
電話 固定電話がある 携帯電話、スマホのみ
年齢 一般的な制限あり 条件を満たさない
家族構成 既婚、同居 独身、一人暮らし
居住形態 持ち家、社宅 賃貸、公営住宅
健康保険 公務員共済 国民健康保険
他社借入状況 なし 複数の借入先、限度額に近い残高
過去の借入履歴 履歴あり 履歴なし
過去の事故情報 事故情報なし 事故情報あり

スコアリングシステムでチェックされると想定される、一般的な審査項目をご紹介しています。

この他にも、信販会社、貸金業者、金融業者によって独自の審査項目を設けている場合があります。

各項目の詳細と、審査に有利&不利になる条件

それでは、スコアリングシステムで重要な属性情報の各項目について、詳しい内容とポイントアップの方法について下記の通りご説明します。

年収

年収は、もちろん高い方が有利です。

ただし、毎月決まった収入があるという点がより重視されるので、年収が低い場合でも安定した収入があれば有利になります。

年収が200万円以下の場合は不利であると言われていますが、毎月の収入が安定していれば審査に通ります。

固定給ではなく歩合給となっている場合は、平均してどの程度の収入があるのか、多少ばらつきがあっても1年を通して平均的な収入を得ているといった状況を証明の提出を別途求められる可能性があります。

雇用形態

派遣社員、パート、アルバイトであるという理由で審査に落ちることはありませんが、会社員であれば審査に有利になります。

契約社員よりも正社員のほうが確実、役職についてもチェックされるケースもあります。

また、会社規模(社員数)も関連があり、勤務先が一部上場企業であったり、公務員の場合はさらに有利になります。

自営業の場合は、収入を証明する書類をきちんと提出できれば問題ありません。

勤続年数

勤続年数は、もちろん長いほうが確実に審査に有利です。

最低でも半年、1年以上の勤続年数があるほうが望ましいようです。

電話

固定電話を持たない場合は、携帯やスマホの電話番号を申告して契約をすることができますが、固定電話の番号があるほうが有利なようです。

ただし、固定電話を持たない人が増えてきているので重要度は下がってきているかもしれません。

年齢

ほとんどの消費者金融や銀行カードローンでは、年齢制限をしています。

20歳以上70歳以下という条件を指定しているところが多いようですが、20歳と70歳により近い年齢のほうが審査に多少不利になっている可能性があります。

家族構成

既婚者のほうが独身の場合よりも審査に有利になります。

独身の場合のほうが経済的に余裕がありそうに思えますが、既婚者のほうが間違いなく返済を行う傾向が高いことから、このように判断されているようです。

また、親と別世帯よりも同居している場合のほうが審査に有利になっているようです。

居住形態(住居種類)

持ち家での所有者で、さらに居住年数が長いほうが審査に有利になります。

当然、住宅ローンの有無についてもチェックされます。

住居負担額がある賃貸の場合でも、居住年数が長ければ大丈夫です。

社宅と民間の賃貸住宅、公営住宅とでは、社宅が一番有利です。

健康保険

本人確認書類として健康保険証を提出する場合は、健康保険の種類についてもチェックされている可能性があります。

公務員の共済が一番有利で、次いで、健康保険組合、国民健康保険の種類になりますが、それほど重視されることはありません。

他社借入状況

キャッシング申込み時に他社借入額がある場合は、確実に審査に不利になります。

複数の借入取引があったり、借入残高が利用限度に達したりしている場合は審査には通りません。

過去の借入履歴

過去のローン利用状況については、返済状況を確認されます。返済方法にかかわらず、カードローン申込み時に他社借入件数が無い場合、借入の履歴があるほうが有利です。

なぜなら、過去にキャッシングを利用して完済したという実績があるとみなされるからです。

キャッシングを始めて利用する場合のほうが、実績がゼロなので不利になります。

過去の事故情報

過去のキャッシング利用時の事故情報は必ずチェックされます。

延滞や自己破産、多重債務者などの履歴があると、貸し倒れ率が高いとみなされ、審査には通りません。

キャッシング審査をより有利にすすめるために必要なこと

キャッシング審査で取り入れられているスコアリングシステムについて、理解していただけましたでしょうか。

具体的な審査項目やおおよその審査規準を理解して、事前に自分の属性をしっかり確認しておくことで、安心して審査を受けることができます。

ポイントアップのためにより重要な4つの項目とは?

各項目のポイントを少しでも上げていくことで、キャッシング審査に通る可能性が高くなりますが、中にはそれほど優先順位の高くない項目も実はあります。

上にあげた10個の項目の中でも、より重要な項目のポイントを上げることで、審査をより有利にすることができます。

スコアリングシステムの中で最も重要視される項目は、申込時点次の4つです。自分の状況と照らして、対策を考えてください。

年収

金額よりも、安定した収入があることが重要です。

勤続年数

長期間勤務していることが重要。最低でも半年以上は必要です。

他社借入状況

他社での借入がないほうが望ましいのですが、できるだけ減らしておきましょう。

過去の借入履歴

過去に借入をして完済したという実績は高得点になります。

キャッシング審査に受かるために絶対にやってはいけないこと

できるだけ有利な条件で申込んでキャッシング審査に通りたい、と思うのは誰でも同じです。

スコアリングシステムで審査に受かるために絶対にやってはいけないのは、虚偽の申告をすることです。

本人確認書類、収入証明書類、受付担当者から勤務先への在籍確認など、キャッシング審査ではさまざまな確認が行われ、それぞれプロの目で厳しくチェックされるのです。

嘘の申告は必ずばれる、また審査には通らないと認識しておきましょう。

それだけでなく、偽りの申告をしたことは信用情報として残され、さまざま金融機関で共有されることになってしまいます。

そうなると、他のカード会社にキャッシングを申込んでも審査に通ることはないでしょう。

信用情報機関で共有される信用情報が一番重要

先ほど、重要な4つの注意点についてご紹介しましたが、キャッシング審査の審査結果に最も大きく影響するのが、信用情報と呼ばれるものです。

個人信用情報機関で管理される過去のキャッシング履歴や現在の借入状況といった個人情報は複数の金融機関やクレジットカード会社で共有されており、新規キャッシング申込み時に、信用度の確認として必ずチェックされます。

特に、過去返済の遅延や自己破産といった事故を起こしていると厄介です。

事故情報は数年間保管され、情報が残っている間はキャッシング審査にはほぼ通りません。

クレジットカードやETCカードの利用での返済額支払遅延や、事故を起こした利用履歴がある場合は、それも当然影響する可能性があります。

公的機関の料金や、国民保険、NHK受信料等も、クレカ支払いにしている場合は、遅延等が悪影響を及ぼします。

また、申込者自身がキャッシングに申込んだ履歴も情報として保管されています。

短期間に申込情報が多数ある状態や、何度も審査に落ちている「申し込みブラック」の状態になっていると審査に通りません

いずれの情報も一定期間が過ぎると削除されるので、しばらく待ってから申込みをすることをおすすめします。

  • 他社での借入残高は少ないほどよい
  • 過去の返済実績があれば高得点
  • 過去に審査に落ちた履歴があると不利
  • 過去の事故情報・債務整理情報があると審査に通らない
項目 保存期間
申込み情報 6ヶ月
契約情報 5年
延滞情報 5年
自己破産情報 10年

履歴が残らないお試し審査で事前にチェックしてみよう

キャッシングの本審査をいきなり受けるのは不安という方のために、公式HP上で手軽に受けられるお試し審査を用意している金融機関もあります。

お試し審査は信用情報の履歴に影響しないので、何度でも気軽に受けることができます。

使い方はとても簡単、2つか3つ程度の項目に記入するだけで、わずか数秒で審査結果が表示されます。

お試し審査の審査結果は必ずしも本審査の結果に反映されるわけではなく、あくまでお試しです。

お試し審査が大丈夫だったからといって本審査に受かるというわけではありませんが、申し込み前の目安としてシミュレーションを利用してみてください。

(※)全ての金融機関で実施できるわけではなく、VISAカード、オリックス銀行カードローン、楽天カード(楽天銀行カードローン)、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンのように取り扱いがない場合もあります。

お試し審査を利用できる金融機関・銀行系カードローン

金融機関 サービス名 入力項目
アコム 3秒診断 年齢、性別、婚姻、借入件数・残高
プロミス お借入診断 生年月日、年収、借入金額
SMBCモビット お借入れ診断 生年月日、税込年収、他社借入金額
ノーローン お試し診断 年齢、年収、借入件数・残高、遅延
新生銀行カードローンレイク お借入れ診断 年齢、年収、借入件数・金額

ネットサイトのキャッシング一括審査が便利

各金融機関が独自に公開しているお試し審査のほかに、ネットサイトが提供しているキャッシングの一括審査というものがあります。

どこの会社なら審査に通るか知りたいと思っても、全部の会社にまとめて申込むことは絶対にNGです。

ですが、お試し審査などの簡易診断サービスを提供している会社は、実は少数派。

そんなときは、さまざまネットサイトで提供されている一括審査がおすすめです。

いくつかの項目を入力するだけで、複数のキャッシング会社について利用可能かどうかを簡単に審査してくれます。

もちろん申込み履歴は残らないので、安心して何度でも利用することができます。

まとめ

キャッシング審査を素早く行うためのスコアリングシステムの仕組みについてご紹介しました。

大手消費者金融会社や銀行カードローンは、短期間の審査で高額な融資額の決定を行うため、かなりシビアな審査を行っています。

具体的にどのような内容が判断されているのかを知っておくことで、希望借入金額を準備するためにより有利な条件が分かります。

無駄な審査落ちで時間をロスしてしまうリスクや、審査落ちした履歴を信用情報に残してしまうリスクを避けることができます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ