キャッシングの申込ブラックの判断基準│件数、期間、融資可能か

スポンサーリンク

cash057

キャッシングについて調べていると、「申込みブラック」という言葉を見ることもあるかもしれません。この申込みブラックについてはご存じでしょうか?キャッシングなどをしていて、悪気はなくても複数の金融機関に申し込みを行ってしまい申込みブラックに該当していることもあるかもしれません。今回は申込みブラックについて詳しくお伝えいたします。

申込ブラックについて詳しく説明します

短期間に複数金融機関に申し込みを行うリスク

申込みブラックとは誰のことを指すのでしょうか?

これは短期間の同じような時期に複数の消費者金融や銀行カードローンに申込みを行っている人のことを指しています。

キャッシングでは申込みを行っている段階で、個人信用情報機関にその申込んだ内容が伝達されます。同じような時期に複数の金融機関に申し込みを行ったとしても、申込み履歴から複数申込みを行っていることは分かってしまうのです。

複数の金融機関から借り入れを行おうとしている、ということは返済能力が本当にあるのかどうか疑われてしまいます。

キャッシングだけではなく、クレジットカードのキャッシング枠も審査の対象になります。もしも申込みブラックに認定されてしまうと、キャッシングの審査をクリアすることがかなり難しくなってしまいます

虚偽の申告もマイナスに

申込みブラックとはまた異なりますが、審査を何とかクリアするために収入などを水増し報告してしまう人もいるかもしれません。

こうした虚偽の申告は審査の段階で見つかってしまう可能性が高く、1度見つかってしまうと信用履歴に大きな傷が残ってしまいます。もちろん審査は厳しくなってしまいます。

申込ブラックに認識されると様々なデメリットがあるので注意

審査に通りにくくなる

申込みブラックだと認識されてしまうと、色々なデメリットが生じますが1つがキャッシングをしたい時に審査が厳しくなってしまうことです。

さらに消費者金融や銀行カードローンだけではなく、クレジットカードや車のローン・住宅ローンにまで影響が出てきてしまいます

多方面に影響が出てきてしまうので、申込みブラックにならないように気をつけることは大切です。

3~6ヶ月間はキャッシングできなくなる

同時に複数金融機関に申し込みを行ったと言う事実は履歴として、3ヶ月から6ヶ月は信用情報機関に残ってしまいます。この期間はどのようにしても、自動審査の段階で審査から落とされてしまうので、先に進みようがありません。

もしも1ヶ月の間で3社以上の申込みをしてしまうと、どうしても申込みブラックの利用者として認識されて、どこの審査も通ることができません。

しかし長くても最長で6ヶ月でこの申込みブラックは1回リセットされます。もしあまりにも審査が通らないときは、この申込みブラックではないかと疑ってみましょう。

申込ブラックにならないため気をつけるべき注意点について

1ヶ月で3社以上申し込まない

申込みブラックにならないために必要なことの1つは、1ヶ月に3社以上申し込まないことです。

審査に自信がなくて複数申込みを行いたくなるときもあるかもしれませんが、最低でも1ヶ月に2社までの申込みにおさえておきましょう。

借り入れは計画的に

借り入れの前段階の安定的な収入や生活はどうでしょうか?

ご自身のライフスタイルに合わせた資金繰りをしても、厳しいようであれば借り入れを行いましょう。

計画的に借り入れを出来れば、複数申込みを行うようなリスクは避けることができるはずです。

申込ブラックの情報は約6ヶ月の保存期間がある

もしも申込みブラックとなってしまった場合には、この情報の保存期間は6ヶ月間であることを覚えておきましょう。

6ヶ月を経過すれば個人情報信用機関からも申込みブラックとしての履歴がなくなります

この履歴状況は自分が利用している消費者金融などに問い合わせを行えば、確認することができます。そこで個人情報の開示手続きをすることができ、信用履歴を確認することが可能です。

申込みブラックとして認識されるのは6ヶ月間です。

まとめ

申込みブラックことを知っておかないと、自分が知らない間に間違って複数の金融機関にキャッシングの申込みをしてしまうこともあるかもしれません。1回申込みブラックになってしまうと、信用履歴に影響が出るので気をつけましょう。
スポンサーリンク

このページの先頭へ