キャッシングの審査には年収制限はなし!審査に通るために知っておくべきこと

スポンサーリンク

cash055

キャッシングを利用するためには審査をクリアする必要がありますが、この審査基準の1つが安定した収入です。平成22年に貸金業法が改定され総量規制の規定ができました。これにより消費者金融と銀行カードローンに借入可能な金額に違いが出てきました。

年収制限なし!キャッシングの審査に通るには安定した収入が重要

キャッシングには安定した収入が大切

キャッシングの審査をクリアするために求められる安定した収入とは、どれくらいなのか、自分の収入で大丈夫なのか心配になりますよね。

安定した収入があるのであれば、収入が100万円であっても借り入れを行うことは可能です。

収入が少ないからといって、借り入れができないわけではありません。もちろん収入に応じて、借り入れることができる金額は大きく変わってきます。

信用履歴も問題

収入も審査基準の1つですが、同じくらい問題になるのが信用履歴です。これまでのキャッシングの延滞履歴や公共料金の滞納は、信用情報機関により一括で管理されています。

いつ、どこで、どのくらいの金額を借り入れしたのか、ということまで記録されています。信用情報についてもしっかりと理解しておきましょう。

50万円以下のキャッシングをする際審査に年収証明は不要

50万円以下は審査ハードルも低め

キャッシングにおける審査は当然ながら、借り入れ希望額によって厳しさが変わってきます。大きい金額になればなるほど、審査におけるハードルは高くなっていきます。

50万円を超える審査になると、収入証明書も求められることがあります。50万円以下であれば基本的には、収入証明書を求められることはありません

金融機関が判断に迷ったときなどに、求められることが稀にあります。

虚偽の申告に要注意

審査において年収や勤務先の情報の申告を行う時に、少し自分のことを良くみせようとして虚偽の申告をしたくなる方もいるかもしれませんが、虚偽の申告は間違っても行ってはいけません

どこかで見つかってしまう可能性も高く、ウソをついていたことが見つかると、信用情報にも傷がついてしまうからです。

消費者金融のキャッシングは総量規制の対象なので年収の1/3以上は借入できない

総量規制の法律を覚えておこう!

銀行カードローンと比較したときに、審査の成功率が高い消費者金融のキャッシングは総量規制という貸金業法の法律が定められています。

この法律により消費者金融から借り入れすることができる金額は、年収の1/3までとなっています。例えば年収が300万円であれば、借り入れすることができる金額は90万円までです。

身の丈にあった借り入れ額にして、返済が出来なくなるようなことを防ぐことが目的の法律です。

複数金融機関でもトータルで年収の1/3まで

この総量規制は、複数金融機関から借り入れを行う場合にも当てはまります。

1社からの借入額だけではなく、2社以上の借入額がトータルで年収の1/3に収まっている必要があります。

これらの情報は、消費者金融同士で横の繋がりがあるため分かることです。

銀行カードローンは総量規制対象外なので審査は厳しめ

一方で銀行カードローンは総量規制の対象外です。消費者金融ではないため、年収の1/3以上の金額を借り入れすることが可能です。

しかしそれだけ大きな金額を借り入れするわけですから、審査は厳しくなると思っておくべきです。元々審査は消費者金融よりも厳しく行われます

まとめ

消費者金融からキャッシングを行うためには、借入額を総量規制の範囲内で収める必要があります。銀行カードローンはこの総量規制は適用されませんが、審査はその分厳しくなります。総量規制の基本的な仕組みを覚えておきましょう。
スポンサーリンク

このページの先頭へ