キャッシングの同時申込みは2社までに控えたほうが良いわけとは?

スポンサーリンク

cash049

キャッシングをする時に、1社では不安だから複数の金融機関に申込みを行うことを考える人も多いのではないでしょうか?2社以上の金融機関に同時に申込みを行って審査に通過する時もありますが、審査には不利になってしまうこともあるので注意が必要です。キャッシングの同時申込みは2社までにした方がいい理由についてお伝えいたします。

キャッシングの同時申込みは審査が不利になる可能性

信用情報で不利に

キャッシングの審査を同時に申込みを行うと不利になる!と書きましたが、同時に行うことで信用情報を疑われてしまい、審査に通りづらくなってしまいます。

キャッシングの申込みを行うだけで、信用情報機関にその情報はリアルタイムで共有されてしまいます。

申込みを行った会社に、複数金融機関に申込みを行っていることは伝わってしまい、あなたの信用履歴は疑われてしまいます。

審査基準をスコアリングしているスコアにも悪影響が出てきて、結果として審査に落ちてしまうことになるかもしれません。

やはり担当者は複数の金融機関から借り入れを行っていると、この人は本当に返済能力があるのか?不安に感じてしまうからです。

総量規制の範囲を超えてしまう可能性

消費者金融には総量規制の法律があり、複数の金融機関から借り入れを行おうとするとこの総量規制の法律を上回る可能性が出てきてしまいます。

審査側としては法令違反をしてしまうリスクは避けたいですから、複数の金融機関から借り入れを行う時は金額にも注意しておきましょう。

2社以上で申し込みをした場合、借入額の目安とは?

年収の1/3を超えないこと

同時申込みで審査に通る確率を上げるためには、借り入れを行う金額に注意しましょう。

年収の1/3以上の借り入れは、総量規制の法律で借り入れすることができません。例えば年収が300万円の人であれば、100万円が借り入れの上限額になります。

  • 2社の場合→各社50万ずつ
  • 3社の場合→各社約33万ずつ
  • 4社の場合→各社25万ずつ

このように総量規制を上回らないように、考慮しながら借入額を決めていく必要があります。しかし、4社以上に申込みを行っても、審査に通ることは極めて難しいでしょう。

銀行カードローンは総量規制が適用されない

消費者金融とは異なり、総量規制の法律が適用されないため、銀行カードローンであれば借り入れの上限額が大きくなります。しかしその分、審査は厳しくなってしまいます

もしも、総量規制を上回る金額を借り入れしたい時には消費者金融ではなく、銀行カードローンにチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

キャッシングの同時申込みで審査に通過したい!可能性を上げる方法

1度の申込みは2社までに!

キャッシング会社において申込みブラック、という枠があるのをご存じでしょうか?

これは、複数の金融機関に同時期に申込みを行っている人のことを指し、このブラック枠と認識されると審査に通るのは難しくなりますし、今後の審査にも悪影響をもたらします。

少なくとも、同時期に申込みを行うのは2社までにしておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠の要確認!

総量規制は、クレジットカードのキャッシング枠においても適用されます。

クレジットカードでキャッシングを既に行っている場合は、その額に気をつけながら金融機関にキャッシングの申請を行うことが大切です。

借り入れ額は必要最低限に!

キャッシングで借り入れを行う時に、どうしても必要な額以上の金額を多めに借りたくなってしまうこともあるかもしれません。

ちょっと贅沢するために、ちょっと遊びたいから、理由は様々だと思いますが、余計な金額の借り入れをするとその分、審査も厳しくなってしまうでしょう。

借り入れ金額は必要最低限に設定しましょう。

まとめ

審査に受かる可能性を上げるために複数の金融機関に申込みをしたくなることもあるかもしれませんが、これは逆に審査に落ちる可能性を上げてしまいます。少なくとも同時に審査を申し込む金融機関は2社までにしておきましょう。
スポンサーリンク

このページの先頭へ