キャッシングの審査に年齢制限がある。高齢者と若年者で違うので注意

スポンサーリンク

cash044

お金がないとやっていけない、というのは社会人だけではなく学生や高齢者も同じです。お金を借り入れすることができるのは、誰でも出来るわけではなく属性により条件も出てきます。今回はキャッシングを行う時の年齢制限についてお伝えいたします。

60歳を超えると審査に厳しくなる、審査基準から外れてしまう場合も

60歳以上は審査対象外にする会社も

消費者金融や銀行カードローンでは、年齢によっては審査が厳しくなります。

働き盛りの社会人は問題ないですが、そうではない年齢層はどうしても審査が厳しくなってしまいます。20歳以下の場合と60歳以上を超える場合は厳しくなってしまいます

日本ではまだまだ60歳定年が主流なので、60歳を超えてしまうと審査対象外とされてしまうことが多いようです。

この年齢制限は各金融機関により異なりますので、簡単にどのような違いがあるかご紹介いたします。

会社名 取引可能年齢 詳細
アコム 20歳以上~69歳以下
プロミス(※1) 20~69歳
SMBCモビット 満20~69歳
楽天銀行カードローン 20~62歳以下

(※1)プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです

70歳以上は新規融資が不可能なケースがほとんど

上記の表をみても分かりますが、70歳以上になると審査対象外になってしまう金融機関がほとんどです。

これまでの信用履歴に問題がなかったとしても70歳以上になると返済能力が疑われるのか、審査対象外となってしまいます。

キャッシングをすることができるのは70歳までと、覚えておきましょう。

20歳未満がキャッシングするための方法について解説

70歳以上になるとキャッシングが厳しくなりますが、20歳以下でまだ学生の場合にも審査は厳しくなります。

多くの場合では、20歳以下は審査の段階で門前払いとなってしまいますが、例外もあるのでご紹介いたします。

学生ローンであれば18歳からの借り入れを認める会社も

消費者金融や銀行カードローンにおいては未成年の借り入れは行っていない業者がほとんどですが、学生ローンを活用すれば現金を借り入れすることができます

条件としては親権者の同意があることが求められますので、家族の了承は得ておく必要があります

大手・中小消費者金融において、学生ローンを取り扱っている業者があるので、学生で借り入れの必要があれば、学生ローンを検討してみてください。

クレジットカードのキャッシング枠で借り入れを行う

未成年が現金の借り入れを行いたい場合には、金融機関からの借り入れ以外にクレジットカードのキャッシング枠を活用する方法もあります。

学生向けのクレジットカード発行を行っている会社も多く、大きな金額ではなく、それぞれの業者の審査基準をクリアをすることが出来れば、借り入れを行うことができるでしょう。

返済はきっちり行わないと後で痛い目に

未成年でも現金を借り入れする手段はありますが、返済はきっちりと行いましょう。

個人信用履歴にキャッシングの履歴などはきっちりと残るため、返済が行われないときには信用履歴に傷がつくことになります。

若い内から傷がつくとその後の人生でも悪影響が生じてきます。くれぐれもご利用は計画的に行ってくださいね。

まとめ

キャッシングをするときは年齢も条件になってきます。未成年や高齢者の方は審査対象外であることや審査が厳しくなることが考えられます。70歳を超えてしまうとキャッシングは出来ないことを覚えておきましょう。また未成年の場合は、学生ローンやクレジットカードのキャッシング枠を利用すれば借り入れできることがポイントです。
スポンサーリンク

このページの先頭へ