外国人でもキャッシングできる?永住者・旅行者・留学生別に審査を受けるときに気を付けたいポイント

スポンサーリンク

cash041

海外から日本に来る方は様々なケースで、来日していると思います。大学生として留学してきた人・仕事で移住してきた人・外国人研修生など様々ではないでしょうか?やはり日本の物価は高いので、現金の資金繰りに困ってしまう人もたくさんいるのではないでしょうか?そんなときのために外国人でも知っておきたい日本のキャッシングについてお伝えいたします。

日本での永住許可がある外国人の方ならキャッシングは可能

外国人でも日本の会社からキャッシングできるの!?と疑問に思う方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

外国人の方でも日本での永住許可があり、日本語での読み書きの対応などが問題なく、外国人登録証明書などの身分証明をすることができればキャッシングをすることが可能です。

もし永住許可や永住権を持っている外国人の方であれば、キャッシングの審査における厳しさは日本人と変わりません。しかし永住許可や永住許可を持っている外国人はやはり少数派だと思います。

ではそれ以外の旅行者や留学生はキャッシングに申し込むことができるのでしょうか?

永住許可が無い場合、キャッシングの申込自体は可能だが審査は厳しい

基本的な日本語が出来れば申込はできるが、永住権は必要

永住権を持っていない外国人でも、キャッシングの審査に申込みをすることができます。

申込を行うためには永住権がない分、外国人登録証を用意して、最低限の申込を行うための日本語を取得している必要性があります。

申込自体は比較的、誰でも行うことができますが、審査の厳しさは永住権を持っている外国人よりも増してしまいます。

永住権を持っていなくても審査を通してくれる業者もありますが、永住権を持っていないと審査の段階で落としてしまう業者も数多くあります

事前に自分にとって最適な業者を選んでおくことが大切かもしれませんね。

難しそうな場合は、クレジットカードのキャッシング枠を

どうしてもキャッシングをすることが難しい場合は、もう1つの手段としてクレジットカードのキャッシング枠を利用することも考えられます。

クレジットカードを持っていて「PLUS」という記載のあるカードであれば、事前にキャッシング枠を設定しておくことで、銀行のATMから現金を引き下ろすことができます。

外国人のキャッシング申込時に必要な書類は日本人と違う

どんな申込書類が必要!?

外国人がキャッシングの申込を行うときに、求められる書類は日本人が申込を行うときとは、当然ながら異なる書類が求められます。

外国人がキャッシングをするために求められる書類は、

  • 「身分証明書」
  • 「パスポート人登録証明書」
  • 「在留カード」
  • 「特別永住者証明書」

などが挙げられます。

これらはそれぞれの金融機関や銀行により、何が求められるか異なってきます。自分が素早く用意できる書類で済む会社を調べておきましょう。

在留カードって?

在留カードが必要になる金融機関もあります。在留カードはビザとはまた異なる在留資格の付与を証明するためのカードです。

在留カードにより中長期滞在する許可を証明することが可能になります。偽造防止対策もとられているので、嘘はすぐにばれてしまいます。

特別永住者証明書って?

特別永住者証明書が必要になる金融機関もあります。

これは外国人登録証明書が2012年7月から変更されたもので、再入国許可が6年になった証明書です。行政機関が発行をしており、市区町村の窓口で受け取ることができます。

外国人でもキャッシングできる消費者金融と銀行カードローンを紹介

外国人でもキャッシングできる会社3選

先述したように、外国人が日本でキャッシングをする場合には、永住権がなければ審査の段階で落とされる会社も数多くあります。

しかし中には永住権がなくても審査を受けられる会社もあるので、今回は3社ご紹介いたします。

会社名 備考
プロミス(※1) 法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む
在留カード・特別永住者証明書のいずれか
オリックス銀行カードローン 在留カード・特別永住者証明書

(※1)プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです

カードローンの方が借り入れ上限額は大きい

借入先の金融機関としては、消費者金融を選択する方も多いかと思いますが、銀行カードローンもオススメです。

審査は少し厳しくなるかもしれませんが、借り入れの上限額は消費者金融よりも大きいです。また、即日での発行やWebを通じたサービスの提供も行われています。

まとめ

外国人の方でもどうしても現金が必要になるときはあるかと思います。そうした時は消費者金融や銀行カードローンを利用して、現金を借り入れすることは条件を満たせば可能です。いざという時のために覚えておくといいかもしれませんね。
スポンサーリンク

このページの先頭へ