キャッシングの増額審査に通過するために知っておきべきポイント4選

スポンサーリンク

cash040

急な出費が出てしまってこのままでは現金が足りないけど、キャッシング枠を使い切ってしまっているし・・・という時の選択肢の1つとしてキャッシング枠の増枠があります。しかしキャッシングの増枠を行うためにはどのような手順が必要になるのか?キャッシングと同じ手順でいいのか?など不明点も多いかと思います。今回はキャッシング増枠についてお伝えいたします。

キャッシングの利用限度額を上げたい、増枠の条件とは?

キャッシングの増枠は、現金を借り入れすることができる利用限度額を上げることです。利用限度額を上げるために貸金業者側はどのようなことを、求めると思いますか?

それは利用した額を確実に返済できる見込みがあるかどうか、という信用です。あなたが優良な顧客であれば増枠は可能になるでしょう。

増枠までの期間

キャッシング枠を増額するためには、新規会員になってから最短でも6ヶ月が経過している必要と言われていますが、実際には9ヶ月-1年間の期間が必要です。

キャッシングを行うにあたり、貸金業者からの信頼を得るためにはこれくらいの期間が必要になります。

増枠可能な金額

増額可能な金額には上限があり、基本的には1回の申請につき10万円ベースで上がります。

しかし利用限度額の金額が50万円を超えると、増枠の申請を行うために収入証明書が必要になるため、増枠のペースも落ちていってしまいます。

増枠の上限額

キャッシングを行う時に上限額があるように、増枠額にも上限があります。

2010年から適用されるようになった総量規制の法律があるため、年収の1/3以上の増枠を行うことはできません

どこまでも上限なく増枠できるわけではないので、頭に入れておきましょう。

キャッシング増枠の審査は返済能力や信用履歴によって判断される

在籍確認はなし

キャッシングの増枠の審査は、本人の返済能力があるかどうか、これまでの個人上信用履歴に問題がないかどうか、という点が問われます。これが各貸金業者の条件をクリアすることができれば問題ありません。

初期の借り入れを行うためには、在籍確認が必要になりますが、増枠の時には在籍確認は基本的に行われませんので、そこはご安心してください。

しかし申込者が転職している場合などは、審査が必要になる場合があります。

増枠よりも新しい会社からの借り入れの方が審査はクリアしやすい

キャッシングの増枠をすることもキャッシングを行うための1つの手段ですが、新しい業者からキャッシングを行うこともキャッシング枠に困った時の対応方法です。

例えば10万円のキャッシング枠を増枠するよりも、10万円を新しい業者から借り入れした方が、審査はクリアしやすいと言われています。

もしも増枠に失敗してしまった場合には、新しい業者からキャッシングを行うことも選択肢の1つとして覚えておくといいかもしれませんね。

キャッシング増枠の審査に受かるポイントまとめ

では実際にキャッシング増枠を行う審査をクリアするためには、どのようなポイントをおさえておくことが大事なのでしょうか?

キャッシング増枠審査における4つのポイントをお伝えいたします。

利用実績や信用履歴は良好?

貸金業者がお金を貸したい人は、当然ながら利用実績がいい人です。

これまでの利用において遅延がないかどうか、履歴に問題はないでしょうか?すくなくとも半年は信用履歴・利用履歴に問題がないことが求められます。

状況が分からない場合には、貸金業者の窓口やコールセンターで確認してみましょう。

複数業者からの他社借り入れはしていない?

複数の貸金業者と契約をしていると、返済能力が疑われてしまう側面があるため、増枠を認められない原因になってしまいます。

そのためもしも、増枠を行いたいときは他の金融機関への返済も済ませておくことが大切です。

申告に漏れはない?

申込者の個人情報に住所変更などの変更が生じた場合には、すぐに申告を行う必要性があります。勤務先の情報や社会保険などは重要な情報ですので、早急に対応することが大切です。

これらの変更情報は、金融機関によりけりですがWebからの変更も実行可能です。あなたが利用している業者の公式HPを確認して利用可能であれば、こちらから変更の申請を行ってもいいでしょう。

収入証明書を用意しよう

もしもキャッシング枠を50万円以上に増枠したい場合や業者からの指示があった場合には、収入証明書類を用意する必要が出てきます。

収入証明書類を用意するのにも時間収入証明書を事前に用意しておきましょう。

まとめ

キャッシングの増枠は難易度の高いものと思っている方も多いかもしれませんが、利用状況に問題がなく総量規制の範囲内であれば、返済も無理なく行うこと出来るかと思います。いざという時のために、日々の返済はきちんと行うことが大切です。
スポンサーリンク

このページの先頭へ