キャッシングの在籍確認の仕組みと無しか逃れる方法

スポンサーリンク

cash039

キャッシング申し込みを行う時に必要になることの1つが、所属している会社への在籍確認です。申込を行った本人が本当に会社に所属しているのか?確認を行い、申請内容に虚偽がないかを確認します。今回はなぜ現金を借り入れするために在籍確認が必要なのか、どのようなタイミングで行われるのか、落ちた場合はどのようにすればいいのか?という点についてお伝えします。

キャッシングの審査に在籍確認がある理由とは?

会社での収入があることの証明

なぜ、キャッシングを行う時に在籍確認が必要になるのでしょうか?

書類に記載されている事の事実確認という側面もありますが、もう1点大きな目的として収入があるのか、という確認を行う目的があります。

申込者が会社に在籍している、ということは収入があることの証明にもなります。消費者金融としては、借り入れを行う人に返済能力があるか、ないかという確認がとれることが重要です。

個人信用情報機関の信用も重要

会社での在籍確認も審査の1つの重要なポイントですが、他にも返済能力を確かめるために重要な要素として、個人の信用履歴に問題がないか、という点が挙げられます。

これまでのクレジットカードや公共料金への支払いに問題がないかどうか、という点は個人信用情報機関により情報が管理されています。汚点がつかないように日々を暮らしていくことが大切です。

在籍確認が行われるタイミングについて

在籍確認は審査の最終局面で行われます。在籍確認を行う側としても、在籍確認のために電話を行うのは手間がかかるし、憚れる作業です。

電話が行われるのは、この人であれば貸し出しても問題がないな、という部分まで審査が進んだ最終局面です。

そして覚えておきたいポイントとして、電話はかかってきますが貸金業者からの電話だと認識されないように考慮されています

これは貸金業法に定められており、この法律により電話がかかってきても同僚や上司には、お金を借り入れしようとしていることは分かりません。この点は安心してご利用ください。

在籍確認の流れについて紹介します

在籍確認の電話は貸金業者が、その社名を分からないような形で電話をかけてきます

そのときに、ご本人様が電話に出ることができれば一発で確認はとれますが、もしも会議や出張などをしていた場合でも大丈夫です。他の人が出たとしても在籍確認はとることができれば大丈夫です。

何度も書きますが、貸金業者からの電話だとばれないように考慮されて電話がかかってきますので、その点はご安心してご利用ください。

在籍確認の電話をして欲しくない、そんなときに用意すべき書類

それでもどうしても在籍確認の電話がかかってくるのが、いやな人もいるかと思います。

原則として在籍確認は必須なので、どうしても電話がかかってくると困る事情を説明して、担当者の同意をえる必要があります。

こうした段取りを経た上で、3つの書類を用意することで、電話を免れることが可能になります。

  • 給与明細
  • 健康保険証
  • 在籍証明書

上記の3つです。この3つの書類があれば、会社への在籍確認は行うことが可能です。

しかし貸金業者やその担当者によっては、この3つがあってもダメと言われる可能性もありますので、注意しておきましょう。

在籍確認まで行って落ちるというのはレアケース

在籍確認は最終チェック

キャッシングにおける在籍確認は、最終チェックという要素が大きく、ここまで審査が進んでいれば、審査に落ちるということは滅多にありません

問題がなかったからこそ、在籍確認で最終チェックを行う、というイメージです。ここまで審査が進んで在籍確認で落ちるのは稀なケースです。

そして在籍しているにもかかわらず、在籍していないと言われることもあります

電話がかかってきてから、在籍会社側が在籍していないと応えるルールがあるケースや、個人にかかってこない会社であり電話に出た担当者が「分からない」と回答してしまった、ケースで在籍確認に失敗してしまうこともあります。

こうした時には、貸金業者に理由を説明することで、措置を行ってくれます。該当しそうな場合は貸金業者に事業を説明しましょう。

主な在籍確認で、失敗する例を箇条書きで3つ挙げておきます。

  • 大手企業のため、受付が把握していない
  • 基本的にそういった電話には「在籍していない」と答える
  • 名前の聞き間違えや個人にかかってこない電話のため「分からない」と答えられてしまう

借入金額も審査に影響

審査の際には借入金額も審査基準の1つです。例えば50万円以上の高額な金額を借り入れする場合には、その分審査も厳しくなってしまいます。

一方で、10万円前後くらいの少額な金額の借り入れであれば、審査に通る可能性が高くなります。

必要最低限の金額のみをキャッシングすることで、審査をスムーズにクリアしましょう。

まとめ

キャッシングをする上で、原則的に会社への在籍確認の電話は必須です。貸金業者からの電話だと分からないように考慮されて、電話は来ますので、キャッシングしようとしていることは周囲にばれずには済みます。しかしそれでも在籍確認の電話を避けたい人は、対応方法もあることを頭に入れておきましょう。
スポンサーリンク

このページの先頭へ