SMBCモビットの金利を引き下げる方法│変更には信用・評判が大切

スポンサーリンク

SMBCモビット

SMBCモビット

  • 実質年率:年3.0%~年18.0%
  • 最大限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短60分(※)
  • 融資時間:最短即日
  • (※)申込みの曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合がございます。
    素早い融資と便利なサービスで人気のSMBCモビットですが、消費者金融の金利は最大で18.0%となっているので返済時の負担が気になります。金利は申込み時に設定されているので自分で選ぶことはできませんが、より有利に借入れできるようにSMBCモビットに金利の引き下げを自分から相談することができます。一定の条件を満たせば金利を引き下げてもらいやすくなるので、その条件、具体的な金利引き下げのアプローチについてご説明します。

    金利を下げてもらえる可能性のある3つのケース

    SMBCモビットの借入金利は申込み時に自動的に決められてしまいますが、一定の条件をクリアすればもっと有利な金利に変えてもらうことができます。

    まれに、SMBCモビットから金利引き下げを提案される場合もありますが、自分から金利引き下げの相談をしても大丈夫です。

    18.0%以上の金利で借りている場合

    SMBCモビットから18.0%以上の金利で借入をしている場合は、確実に金利を下げてもらえます

    貸金業法が改正されて金利の上限が18.0%になりましたが、それ以前から借入れをしている場合は18.0%以上の金利を払っている場合があります。

    ぜひ、SMBCモビットに金利引き下げを相談してみましょう。さらに、18.0%を超える利息を支払ってきた分について過払金請求をすることもできます。

    SMBCモビットからの信用度が高い場合

    キャッシングの利用経験があり、確実に滞りなく返済を行っているという実績があると、SMBCモビットからの信用力が高くなり、優良顧客とみなされます。利用限度額が高く設定されている場合も同様です。

    優良顧客は、有利な金利でキャッシングを利用できる可能性があります。

    借入額が年収の1/3以下の場合

    SMBCモビットは消費者金融なので、総量規制により年収の1/3を超える額を借入れすることはできません

    もともと利用限度額が低く設定されていたり、年収が上がった場合など、さらにキャッシングを増額することができます。

    つまり、SMBCモビットよりもさらに金利の低い消費者金融などで借り換えが可能になるのです。

    当然SMBCモビットとしては、他社に移動して借り換えをされるよりも自社でのキャッシングを継続してもらいたいので、このような状況であれば金利を引き下げてもらえる場合があります。

    金利を下げてもらうためにはどうしたらいい?

    SMBCモビットの金利を下げてもらうために、実際どのような行動を取ればいいのでしょうか。

    SMBCモビットに金利を引き下げを依頼するための、具他的なアプローチ方法についてご説明します。

    借入と返済の実績を積み重ねて信用を得る

    SMBCモビットから信用力が高い優良な顧客とみなされると、金利を引き下げてもらいやすくなります。

    そのためには、キャッシングを利用して滞りなく返済し、少なくとも6ヶ月以上の借入実績と滞りない返済実績を積み重ねていくことが必要です。

    間違いのない利用実績を積み重ねていくことでSMBCモビットからの信用が高くなり、引き金利でお金を貸しても大丈夫な顧客とみなされ、金利を下げてもらうことができます

    SMBCモビットに電話して直接交渉する

    金利引き下げの依頼は、自分からSMBCモビットに電話で伝えます。「金利を下げてほしい」とストレートに伝えれば大丈夫です。

    即答してもらうことは難しいですが、後日結果を知らせてくれます。他社への借り換えを検討していたり、他社でもっと有利な条件でキャッシングできるのであれば、そういった事情を伝えることで交渉をもっと有利に進めることができます。

    “おまとめローン”や”他社からの借り換え”を利用

    一般的な消費者金融や銀行カードローンではいろいろな種類の商品を用意していることが多いようですが、SMBCモビットで扱っている商品はフリーキャッシング1種類のみです。

    SMBCモビットには「おまとめローン」という商品はありませんが、複数のローンをSMBCモビットのフリーキャッシングでまとめて一本化したり、他社のローンをSMBCモビットで借り換えすることができます。

    おまとめローンや借り換え目的で借入をすると、総量規制の対象から外されるケースがあるので、利用限度額を高くしてもらえる可能性があります。

    また、おまとめローンの目的で借入をすると、低い金利で一本化してくれる可能性があります。

    自社のローンも他社でまとめられてしまうよりは、低い金利でも自社で利用してもらいたいので、金利を下げてもらえる場合があります。

    おまとめローンの目的でSMBCモビットを利用したいときは電話で事情を説明して、金利の引き下げを相談してみましょう

    SMBCモビットと他社の「借入限度額と金利」比較

    消費者金融などでキャッシングを利用するとき、借入限度額と金利で会社を選ぶという人も少なくありません。SMBCモビットはスピーディな融資と便利なサービスが人気ですが、他社と比べると金利が高めに設定されています

    SMBCモビットと他社の利用限度額と金利を比較してみましたので、金利引き下げの交渉をするときの参考にしてみてください。

    金融機関 利用限度額 金利
    SMBCモビット 最大800万円 3.0%~18.0%
    アコム 1万円~800万円 3.0%~18.0%
    プロミス 最大500万円 4.5%~17.8%
    みずほ銀行
    カードローン
    10万円~100万円 4.0%~14. 0%

    SMBCモビット

    SMBCモビット

  • 実質年率:年3.0%~年18.0%
  • 最大限度額:最大800万円
  • 審査時間:最短60分(※)
  • 融資時間:最短即日
  • (※)申込みの曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合がございます。

    信用を得て金利を引き下げよう

    SMBCモビットの金利をできるだけ低くするための方法をご紹介しました。キャッシングの利用歴が長く、間違いのない返済で実績を重ねるとSMBCモビットからの信用が高くなり、金利を下げてもらえるチャンスが大きくなります。また、現在の上限である18.0%よりも高い金利で利用している場合や、年収が上がったときには金利引き下げの交渉をするチャンスです。SMBCモビットに限らず、消費者金融は優良な顧客に継続して利用してもらいたいので、金利引き下げの相談に乗ってくれます。
    スポンサーリンク

    このページの先頭へ