みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン日本の3大メガバンクの一つであるみずほ銀行は、みずほフィナンシャルグループの主要メンバーでもあります。銀行系カードローンには総量規制がないので、みずほ銀行カードローンなら収入がなくても利用できます。最低金利年3.0%から、最大利用限度額1,000万円までの借入れが可能です。金利がとても低く設定されているので、おまとめローンとしてもとても便利なカードローンです。

みずほ銀行のカードローンのおすすめポイント

  • 低金利で利用したい
  • 定期的に借りたい
  • 複数のローンをまとめたい
  • 使い慣れた銀行で借りたい
実質年率 年14.0%(10万円以上100万円未満)
年12.0%(100万円以上200万円未満)
年9.0%(200万円以上300万円未満)
年7.0%(300万円以上400万円未満)
年6.0%(400万円以上500万円未満)
年5.0%(500万円以上600万円未満)
年4.5%(600万円以上800万円未満)
年4.0%(800万円以上1,000万円以下)
借入限度額 ・ 10万円~1,000万円
・ 収入がなく、配偶者の保証で利用する場合は30万
借入の単位 10万円、20万円、30万円、50万円、100万円~1,000万円
(100万円以降は100万円単位)

※インターネットで申し込みの場合50万円単位可
審査時間 最短即日(条件有り)
申込みが午後の場合は翌日以降
みずほ銀行の口座がない場合は2~3週間
即日融資 最短即日(条件有り)
申込みが午後の場合は翌日以降
みずほ銀行の口座がない場合は2~3週間
在籍確認 電話
保証人の有無 不要

みずほダイレクトなら書類の提出も不要

みずほカードローンの利用には、みずほ銀行の口座が必要になります。さらに、みずほダイレクトに登録していれば、パソコンやスマホ、携帯、電話から様々な手続きが24時間利用でき、手数料もお得、みずほカードローンの利用もとてもスムーズにできます。みずほダイレクトに登録していればすぐに利用可能。ネット振替サービスで使い方もとても簡単。返済はいつでもどこでもインターネットから24時間利用できます。

収入がなくてもカードローンなら利用できる

みずほ銀行カードローンの特徴の一つに、本人に収入がなくても利用できるということがあります。収入のない専業主婦にはとても嬉しいサービスです。ただし、その場合にはいくつかの条件があります。消費者金融を利用できない場合でも、銀行カードローンなら利用できるのでとても便利です。

  • 配偶者に安定かつ継続した収入があること
  • 利用限度額は30万円まで

兼用型と専用型、2種類のカードが選べる

みずほ銀行カードローンを申し込むと、キャッシュカード兼用型、カードローン専用型の2種類のカードを選ぶことができます。キャッシュカード兼用型には、引き出し時に普通預金口座の残高がマイナスの場合、自動的にカードローンで融資を受けられる「自動貸越機能」、公共料金の支払い時などに普通預金口座の残高がマイナスの場合、自動的にカードローンで融資を受けられる「スイングサービス」がついています。現在使っているキャッシュカードを、キャッシュカード兼用型に変更することもできます。この2種類のカードは外見がほとんど同じなので、銀行ATM利用時にカードローンを利用していることがわかりにくいのが特徴です。

みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる人はとてもお得

みずほ銀行の住宅ローンを利用している人には、カードローンの金利が0.5%引きになるという特典があります。カードローンの利用店と、住宅ローンの利用店と同じであることが条件です。また、フラット35を利用している場合には、住宅金融支援機構から個人情報をみずほ銀行に公開してもらうための利用者の同意が必要になります。住宅ローン以外にも特典の対象となるローンがあるので、みずほ銀行の同一支店でローンを利用している人は窓口で問合わせてみるとよいでしょう。

みずほ銀行カードローンの詳細情報

金利適用方式 変動金利
無利息期間 なし
遅延利率 年19.9%
返済方式 残高スライド方式
返済のタイミング 毎月10日
返済額 利用残高(1万円未満)
1万円 (1万円超~100万円以下)
2万円 (100万円超~200万円以下)
さらに1万円ずつ加算される(以降、100万円ごとに)
※1万円単位
返済期間 基本1年
1年ごとの審査により自動更新(満70歳まで)
返済回数
貸付対象者 以下のすべての条件が必須
・ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満
・安定かつ継続した収入が見込める
・保証会社の保証を受けられる
・外国人の場合、永住許可を受けている
・収入がない場合、配偶者に継続した収入がある
利用用途 自由(事業性資金は不可)
担保の有無 不要

みずほ銀行カードローンの返済シミュレーション

みずほ銀行のホームページで、返済額や返済期間、借入れ金額などから各回の返済額と返済総額を算出する返済シミュレーションを利用することができます。

10万円から100万円までの借入れを行った場合の、返済回数による返済総額をシミュレーションした結果をご紹介します。

<借入れ額、返済回数によるシミュレーション>

借入金額 利率 返済回数 各回返済額 返済総額
10万円 14.0% 10回 1万円 108,373円
20万円 25回 1万円 232,119円
30万円 39回 1万円 376,793円
19回 2万円 335,972円
50万円 79回 1万円 768,852円
32回 2万円 602,880円
21回 3万円 566,531円
100万円 12.0% 不可 1万円
73回 2万円 1,413,395円
43回 3万円 1,237,586円
25回 5万円 1,133,910円

みずほ銀行カードローンを徹底解説!

キャッシング大学

みずほ銀行カードローンの金利低く!?引き下げる方法とは

ローンやキャッシングは、できるだけ金利を低く抑えて利用したいですね。窓口で金利の引き下げの申込みが可能という店舗もありますが、みずほ銀行カードローンの場合は、利用限度額によって金利が自動的に決まるで、引き下げの交渉は難し…

キャッシング大学

みずほ銀行カードローンを土日・祝日に利用する方法

低金利で安心して利用できるみずほ銀行カードローンですが、銀行が営業していない土日・祝日に利用が制限されてしまうというデメリットがあります。申込みの受付はいつでも可能なので、土日・祝日にネットからの申込みを済ませておいて、…

キャッシング大学

みずほ銀行カードローンを書類提出なしでも契約できる2つの方法

利用限度額が高く、低金利が人気のみずほ銀行カードローンは、申込み時に比較的しっかりとした審査が行われます。しかし、みずほ銀行の預金口座を持っている場合には、本人確認書類なしで申込が可能です。また、200万円までの利用につ…

キャッシング大学

みずほ銀行カードローンの利用時間徹底ガイド

メガバンクが運営するみずほ銀行カードローンは、信頼度が高く、金利が低く安心して利用できるという点が魅力です。しかし、銀行は土日・祝日が休みとなるため、利用できるサービスが限られてしまいます。また、時間帯によってはATMの…

キャッシング大学

みずほ銀行カードローン利用時のATM手数料ガイド

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行のATMや提携金融機関、コンビニのATMなどからいつでも便利に利用することができます。みずほ銀行かイオン銀行を平日の夕方までに利用する場合は無料ですが、それ以外の時間帯や場所で利用する…

キャッシング大学

みずほ銀行カードローンの利用手順-申込み・借入れから返済まで

みずほ銀行カードローンの申込みは、パソコンやスマホからインターネットで、電話、郵送、携帯電話、店頭窓口からも行うことができます。契約が完了すると、みずほ銀行や提携金融機関、コンビニのATMなどからキャッシングを利用できま…

キャッシング大学

みずほ銀行カードローンの申込み手順-申込み・審査から契約完了まで

みずほ銀行カードローンは、低金利で安心して利用できるカードローン。しかし、初めて利用するときには審査がどうなっているのか、契約はどのように行うのかといった不安がありますよね。みずほ銀行カードローンは、銀行の窓口、電話、郵…

キャッシング大学

みずほ銀行カードローン-審査に落ちた場合にチェックすべき4つのポイント

利用最高限度額が1000万円と高く、金利が4.0%~14.0%というとても条件の良いみずほ銀行カードローンでは、申込み時にしっかりとした審査が行われます。そのため、審査に落ちてしまって借りられなかったというケースもあるよ…

キャッシング大学

みずほ銀行カードローンの在籍確認を勤務先にバレない方法

みずほ銀行カードローンでは、申込み時に必ず電話で在籍確認が行われます。それは、みずほ銀行カードローンの最高限度額が1000万円と高く、金利が年4.0%~14.0%というとても条件の良いカードローンだからです。キャッシング…

キャッシング大学

みずほ銀行カードローンを絶対バレずにキャッシングする方法

キャッシングを利用するときに一番心配になるのは、家族や会社に知られてしまうことではないでしょうか。銀行カードローンの場合には、消費者金融ほどプライバシーに配慮されていないのではないかと思っている方が多いようですが、みずほ…

このページの先頭へ