収入ゼロの無職でも借りられる?おすすめは銀行系カードローン

無職で急にお金が必要に|キャッシングよりカードローンを考えよう

とにかく今すぐお金が必要!という状況は誰にでもありますよね。

でも、今現在仕事をしておらず自分自身の収入が一切ないという場合、キャッシングを利用することはできるのでしょうか?

収入がなければ借りたお金を返済することができないわけですから、当然キャッシングをすることは難しいといえます。

ですが、条件によっては、収入のない方でも借入をすることが実は可能なのです。

その具体的な方法と、収入のない方におすすめのキャッシングについてご紹介したいと思います。

3種類のキャッシングの違いを再確認しておこう

必要なお金を一時的に金融機関などから借入することをキャッシングといいますが、利用する金融機関によって利用条件や利用方法が多少異なります。

一般的な個人が利用できるキャッシングは、提供する金融機関によって3つに分類することができます。

3種類のキャッシングとは?

キャッシングと聞いてまず真っ先に思い浮かべるのは、アコムやプロミスといった名前ではないでしょうか。

これらのキャッシングサービスは、消費者金融と呼ばれる金融機関によって提供されています。

三井住友銀行カードローンというように銀行の名前が入ったものもあり、これらは銀行が提供するキャッシングサービスです。

このほか、信販会社や銀行などが発行するクレジットカードにはキャッシング枠が設定されているものがあり、必要に応じてキャッシングを利用することができます。

  • 消費者金融のキャッシング
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

それぞれのキャッシングの違いは?

では、それぞれのキャッシングにはどのような違いがあるのでしょうか?

消費者金融は、一般の個人の利用者に少額の貸付をする、貸金業者とも呼ばれる金融機関です。

消費者金融は、貸金業法という法律に基づいて運営しなければなりません。

銀行は、皆さんよくご存知のみずほ銀行など大手メガバンクのほか、中小規模の地方銀行などがあり、銀行法という法律に基づいて運営されています。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンとでは、提供されているサービスの内容は実はほとんど変わりません。

ですが、守らなければならない法律が異なっているため、利用条件や利用方法にいくつかの違いがあるのです。

クレジットカードのキャッシング枠の場合は、銀行が発行するクレジットカードなら銀行法、銀行以外の金融機関が発行するクレジットカードは貸金業法に基づいて運営されるので、発行金融機関により利用条件や利用方法が異なります。

それでは、収入のない方がキャッシングを利用できるかどうかについて、次からの項目でご説明していきたいと思います。

収入ゼロでは消費者金融のキャッシングを利用できない

審査がスピーディで比較的利用しやすい印象のある消費者金融ですが、残念ながら収入がゼロの場合はキャッシングを利用することができません。

総量規制により無職の方は消費者金融を利用不可

消費者金融は貸金業法に基づいて運営されていますが、その貸金業法の中の総量規制という法律により、無職の方は消費者金融でキャッシングをすることができなくなっています。

総量規制とは、利用者の年収の3分の1までの金額しか貸出することはできないという決まりです。

返済不可能な額を借入して返済が滞ってしまい、多重債務に陥ってしまうというような事態を防ぐため、2006年にこの法律が制定されました。

従って、年収がゼロの場合は消費者金融で借入することはできません。

わずかでも収入があれば消費者金融で借入可

さまざまな事情で仕事をすることができないという場合もあると思いますが、ほんのわずかでも仕事をして収入を得ていれば、消費者金融のキャッシングを利用できる可能性があります。

1回だけ仕事をして報酬をもらったというケースでは難しいかもしれませんが、毎月継続して仕事をしていれば、年収に見合った額を借入することができます。

収入ゼロのキャッシングは銀行カードローンがおすすめ

自分自身の収入がゼロの場合でも、条件によっては銀行カードローンならキャッシングを利用できる可能性があります。

ただし、返済の見込みがない場合は銀行カードローンを利用することはできません。

収入ゼロでもキャッシングが利用できる条件

収入がまったくないといっても、その状況はさまざま。

おおよそ次のようなケースに分類することができます。

  1. 学生以外で配偶者がなく、収入がない
  2. 学生で、親権者に安定した収入がある
  3. 専業主婦で、配偶者に安定した収入がある

この中で、銀行カードローンのキャッシングを利用できるのは2番と3番のケースです。

20歳以上の学生で、保護者など親権者に安定した収入がある場合と、専業主婦で配偶者に安定した収入がある場合は、万が一の場合でも債務不履行に陥ってしまう心配がないのでキャッシングを利用することができます。

1番のケースでは、銀行カードローンでもキャッシングを利用することはできません。

無職の専業主婦のキャッシング利用条件

専業主婦あるいは専業主夫で、パートなどの収入がないという場合でも、配偶者に安定した収入があれば、銀行カードローンでキャッシングを利用することができます。

借入限度額は10~50万円程度。配偶者の同意書などは必要ありません。

  • 配偶者に安定収入がある
  • 借入額は10~50万円程度

無職の学生のキャッシング利用条件

学生で、アルバイトをしていなくて収入がないという場合でも、親権者に安定した収入があれば、銀行カードローンでキャッシングを利用することができます。

ただし、借入限度額は10万円程度、親権者の同意書が必要です。

専業主婦の場合に比べて、利用できる銀行は限られています。

  • 親権者に安定収入がある
  • 親権者の同意が得られる
  • 借入額は10万円程度

クレジットカードがあれば収入ゼロでもキャッシング可能

クレジットカードを持っていれば、キャッシング枠を利用して借入できる可能性があります。

所有しているクレジットカードにキャッシング枠が設定されていることが条件になります。

クレジットカードのキャッシング枠とは?

自分が普段使用しているクレジットカードについて、キャッシング枠が設定されているかどうか、キャッシング利用可能額はいくらになっているかということについて、全く知らないという人が意外と多いようです。

さまざまな信販会社や金融機関が発行するクレジットカードには、ほとんどの場合キャッシング枠が設定されており、クレジットカード申込み時に申請することにより利用可能となります。

申込み時に、キャッシング枠を使わない設定にすることもできます。

クレジットカードのキャッシング枠の利用制限

クレジットカードに設定されているキャッシング枠は、一般的に、あまり高額ではありません。買い物などで利用できる金額の上限(ショッピング枠)の中に含まれているケースが多く、その場合は、ショッピング枠を上限まで使用してしまうと、キャッシング枠を利用することはできなくなります。

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠

ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が20万円の場合

ショッピングで利用 キャッシング利用可能額
0円 20万円
10万円 20万円
20万円 20万円
30万円 20万円
40万円 10万円
50万円 0円

キャッシング枠つきのクレジットカードがあればキャッシング可能

今現在収入ゼロという場合でも、元々所有していたクレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、そのクレジットカードでキャッシングを利用することができます。

ただし、ショッピング枠やキャッシング枠を使い切ってしまっている場合は、もちろんキャッシングはできません。

収入がない場合、新たにクレジットカードを作ることは難しくなります。

クレジットカードを作るときにキャッシング枠をつけるには審査が必要になるので、クレジットカードは安定した収入がある時期に作っておくことをおすすめします。

キャッシング枠をあとから追加したり利用限度額増額の申請をすることもできますが、改めて審査が必要になります。

無職の学生は高額のキャッシング枠を設定することはできない

収入のない学生でもクレジットカードを作ってキャッシング枠を設定することができますが、カードの種類によっては学生の場合は利用不可、または、キャッシング枠が0円となっている場合もあります。

キャッシング枠を利用可能な場合でも、5万円~10万円の範囲内で設定されていることが多いようです。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合の注意点

キャッシング枠のあるクレジットカードを持っていれば、クレジットカードで手軽にキャッシングを利用することができます。

ただし、クレジットカードのキャッシングは金利が比較的高めなので注意が必要です。

どうしても利用したい場合は、必要な範囲で、できるだけ少額を利用するようにしましょう。

普段クレジットカードをショッピングで利用する場合は利息がつかないので、使ったぶんだけ返済すればOKですが、クレジットカードのキャッシングも同じようなつもりで使ってしまうと大変です。

支払いのときに利息がついて大きな負担になってしまうので、注意が必要です。

収入ゼロの方におすすめの銀行カードローン

無職で収入がない場合でも、親権者や配偶者に安定した収入がある学生や専業主婦なら、銀行カードローンでキャッシングを利用することができます。

収入がなくても利用できる銀行カードローン

金融機関 利用条件 配偶者
の同意
親権者
の同意
利用限度額
新生銀行カード
ローンレイク
配偶者に収入がある 要確認 収入のない学生
の利用不可
要確認
みずほ銀行
カードローン
配偶者に安定かつ
継続した収入がある
不要 収入のない学生
の利用不可
30万円
楽天銀行
スーパーローン
配偶者に収入がある
60歳以下
不要 収入のない学生
の利用不可
50万円
イオン銀行
カードローン
配偶者に安定かつ
継続した収入がある
不要 収入のない学生
の利用不可
50万円

収入がないと利用できない銀行カードローン

  • 三井住友銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • りそな銀行カードローン

無職でも条件によってキャッシングが利用できる

仕事をしていなくて収入がない場合、消費者金融のキャッシングを利用することはできません。

学生や専業主婦で、親権者、配偶者に安定した収入がある場合、銀行カードローンでキャッシングが可能です。

また、キャッシング枠が設定されたクレジットカードを所有している場合は、クレジットカードでキャッシングすることができます。

いずれの場合も、高額の利用はできませんが、最低限必要な分だけ借りるようにすることが大切です。

このページの先頭へ